水漏れの応急処置は「テープ」で対応 正しい使い方と注意点を解説

水周りトラブル解決

水漏れトラブルが起こった際に最も大切なことは迅速な対応です。応急処置には様々な方法がありますが、補修テープを使用した処置方法をご存知でしょうか? 補修テープは適切に使用する事ができれば臨時の水漏れ防止対策に役立つアイテムです。

この記事では、水漏れ箇所を補修テープで処置する方法と注意点を解説します。

水漏れ補修テープとは

水漏れが発生した際に被害拡大を防止する目的で使用する専用のテープです。水漏れ箇所に巻き付けたり、貼り付けて使用することができます。素材や特徴の異なる数種類のテープが製造、販売されており、手軽に手に入れることが可能です。

【代表的なテープと特徴】

・自己融着テープ

テープそのものに粘着剤を使用せず、引き延ばしながら巻きつけることでテープ同士が密着して水漏れ箇所を塞ぎます。耐久性や防水性が非常に高く、水漏れ防止には重宝します。

一方で、その特性を活かすためには巻きつける作業が必要なことから、使用できる箇所が限定的にならざるを得ないというデメリットも存在します。

・ラップテープ

自己融着テープと同様に、粘着剤を使用せずに水漏れ箇所を塞ぐことができます。使用跡が残りづらく手軽に使用することができますが、密着力が弱く軽度の水漏れに適したテープです。

・防水補修テープ

テープ自体に防水加工が施されています。自己融着テープのように使用する箇所を選ばず、凹凸面や湾曲面にも使用することができます。

・シールテープ 

主に蛇口(水栓)と配管の接続部分に使用するテープです。材質には耐熱性や耐薬性に優れたテフロンが用いられており、配管のねじ切り部分の隙間を埋めるテープとして広く利用されています。

水漏れ補修テープはホームセンターなどの実店舗や、インターネット通販で購入することができます。種類は多岐に及びますが、個別の水漏れ内容にあったテープを選択することが大切です。

水漏れが起こりやすい箇所と原因

住居内で水漏れが発生しやすい箇所には「キッチン」「トイレ」「洗面所」「浴室」「屋外(給湯器など)」を挙げることができます。水漏れの原因は一つに断定できるものではなく、様々な理由が考えられます。代表的な水漏れ原因は以下のとおりです。

キッチン

【蛇口周辺】

  • 内部部品の品質低下
  • 接続部のゆるみ など

【排水溝周辺】

  • 汚れや垢のつまり
  • 排水管の品質低下、損傷 など

トイレ

【本体】

・トイレタンク内部部品の品質低下 など

【本体周辺】

・給水管や排水管部品の品質低下 など

洗面所

【蛇口周辺】

・内部部品の品質低下、ゆるみ など

【排水溝周辺】

  • 汚れや水垢のつまり
  • 排水管の品質低下、損傷

浴室

【蛇口周辺】

・内部部品の品質低下、ゆるみ など

【排水溝周辺】

  • 汚れや水垢のつまり
  • 排水管の品質低下、損傷 など

洗濯機

【蛇口周辺】

・内部部品の品質低下、ゆるみ など

【本体】

  • 給水・排水ホースのつまり、ゆるみ、品質低下
  • 洗濯機本体の損傷、汚れや水垢のつまり など

テープで補修できる水漏れの目安

水漏れ対策に有効な補修テープですが、上述したような事例すべてに使用できるわけではありません。テープの使用を判断する目安は以下の通りです。

テープの使用が効果的な事例

  • 給水管や排水管の亀裂による水漏れ
  • 蛇口と壁面の隙間からの水漏れ
  • 蛇口本体のパーツ接続部や、配管の接続部からの水漏れ
  • 便器やシンク、洗面ボウルのひび割れ など

テープの使用が難しい事例

  • 床下や壁の内部など、目に見えない位置の水漏れ
  • 排水溝や排水管内でつまりが発生している場合の水漏れ
  • 本体及び内部部品の品質低下による水漏れ など

いずれの場合でも、まずは水漏れ箇所と原因を把握し、テープ使用の有無を確認する必要があります。

水漏れ箇所の特定方法

テープを利用した応急処置を試みるためには、正確な水漏れ箇所を特定しなければなりません。目視による判断が難しい場合には、水道メーターを確認しましょう。(水道メーターは敷地内の屋外地面や、玄関脇の扉内部に設置されていることが一般的です)

水道メーター内には、水の流れに反応して回転するパイロットと呼ばれる部品が内蔵されています。パイロットが回転していれば、住居内のいずれかの場所で水漏れが発生しています。

水漏れの発生が確認できたら、具体的な箇所を特定します。上述した5箇所にある止水栓(水を止めたり水量を調整する水栓)を1箇所ずつ閉じていきます。その都度パイロットを確認し、水漏れ箇所を特定してください。

パイロットが回転しているにも関わらず水漏れ箇所が特定できない場合には、目に見えない箇所で水漏れが発生している可能性があります。

【水漏れ箇所を特定する手順】

①住居内の蛇口(水栓)をすべて閉じる

②水道メーター内にあるパイロット(真ん中に赤い点のある円型の部品)を確認する。

③回転を確認した後、住居内の止水栓を1箇所ずつ閉じてパイロットを確認し、正確な水漏れ箇所を特定する

補修テープの使用方法

テープで補修可能な水漏れ箇所が特定できたら、実際にテープを使用しましょう。

テープの巻きつける場合の手順】

①テープを巻きつける位置の汚れを落とし、水気を切っておく

②テープを必要な長さにカットする

③テープを強く引き伸ばしながら、水漏れ箇所にきつく数回巻きつける(テープの締め付けが緩いと隙間から水が漏れ出す危険性がある)

④巻き付けたテープ全体を圧迫し、水漏れ箇所に密着させる

【テープを貼り付ける場合の手順】

①亀裂や破損している部位の汚れを落とす(洗面ボウルや浴槽などであれば、乾燥させ水気を取り除く)

②テープを必要な長さにカットする

③亀裂や破損部分を覆うように補修テープを貼る(部品のかけらがある場合には瞬間接着剤などで固定しても良い)

【使用道具】

  • 水漏れ補修テープ
  • 瞬間接着剤
  • ブラシ
  • タオルや雑巾
  • ゴム手袋 など

補修テープを使用する際の注意点

水漏れ対策に便利な補修テープですが、使用する際には以下の点に留意する必要があります。

すべての水漏れには対処できない

水漏れテープで補修できる条件は限定的です。(「テープで補修できる水漏れの目安」の項参照)原因や箇所次第では補修テープが使用できない水漏れも存在します。

また、補修テープが使用できる箇所であっても、水漏れの勢いが激しい場合には対応することができません。

補修テープの役目は応急処置

補修テープの水漏れ防止対策は一時的な応急処置に過ぎません。あくまでも、被害拡大を防ぐ目的で行う臨時的な対処方法であることを理解しておきましょう。

水漏れを起こさないようにするためには根本的な原因を解決しなければなりません。原因次第では自己修理が可能な事例もありますが、確実な方法は専門業者に修理を依頼することです。

水漏れの専門業者とは

住宅設備のトラブルやメンテナンス事業を手掛けている専門業者であり、住宅設備内で発生する水漏れトラブルに対応することができます。補修テープによる応急処置を終えたら、水漏れの専門業者に本格的な対応を依頼しましょう。業者であれば、的確な原因究明と迅速な修理が可能です。

想定される修理内容

補修テープで応急処置が可能な水漏れの修理には、以下のような事例が考えられます。

  • 蛇口(水栓)の交換
  • 蛇口(水栓)内部の部品交換
  • 排水管の修理・交換
  • 便器や洗面ボウル、浴槽の修理・交換
  • 給湯器、便器本体の交換 など

費用面

簡易的な修理であれば数千円〜1万円程度が平均相場となりますが、本体および排水管の交換や特殊な部品の取り替えが必要な修理では、数万円の修理費用が必要になる事例もあります。料金体系の詳細は各業者によって異なります。HPや電話で確認しましょう。

水道救急車に依頼して直す場合の相場

水道救急車の作業料金

排水口のつまり解消

 

3000円~  ※見積無料

排水管のつまり解消
つまり予防
各所、水量・圧力調節

 

まとめ

補修テープの利用は水漏れ対策に有効な応急処置方法です。排水管の亀裂や壁面の隙間からの水漏れなどに効果を発揮します。

一方で、目に見えない箇所や内部部品の品質下降による水漏れなど、対応できない水漏れが存在することも事実です。補修テープを使用する際には、水漏れの原因や発生箇所を確認し、一時的な防止対策として使用しましょう。