給湯器から水漏れを発見したら? 知っておきたい原因と対処方法を解説

水周りトラブル解決

日常生活において水漏れトラブルが潜んでいる箇所は様々です。水漏れといえば蛇口や排水溝などを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、給湯器からも水漏れは発生します。

この記事では、家庭用の給湯器から水漏れが発生した際の原因と対処方法について解説します。

給湯器が水漏れする原因

給湯器から水漏れする原因は一つだけではありません。

部品の品質低下

給湯器内部には多くの部品が使用されています。中でも原材料にゴムが使用されている部品は摩耗などによる経年劣化が起こりやすく、水漏れの原因となることがわかっています。給湯器の内部部品は10年程度で劣化がみられるため、一つの目安にすると良いでしょう。

配管の凍結

屋外設置タイプの給湯器は外気の影響を強く受ける事になります。配管の凍結は屋外設置タイプに多いトラブルです。配管内に残っている水分が外気によって凍結し、膨張した配管に亀裂が入る事でそこから水漏れが発生します。凍結防止対策が万全でない地域に起こりやすい水漏れの一つです。

施工ミス

給湯器設置時に施工上の欠陥があった事により水漏れが起こります。主に給湯器本体と配管の接続部から水漏れする事例が多く、設置から間もない時期に発生する水漏れの有力な原因となり得ます。

長期間の未使用

給湯器を使用しない期間が長期に及ぶ場合には、再使用時に注意が必要です。上述した配管の凍結以外にも、内部の圧力が上昇する事により水漏れが起こる可能性があります。

設計標準使用期間の超過

給湯器には安全上の観点から設計標準使用期間が定められています。給湯器は国によって定められた表示制度の対象ではありませんが、各メーカーが設計上の標準使用期間を記載しています。

設計上の標準使用期間は、想定されている通常の条件下において正常な作動を保証するものであり、定められた期間を超えた製品に関しては不具合が起こる可能性があります。水漏れを発見した際には、設計上の標準使用期間を確認してみましょう。

〈参考〉設計上の標準使用期間

水漏れが発生しやすい箇所

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

給湯器の水漏れの多くは、以下の3箇所で発生します。

①給湯器本体内部

部品の品質低下や、設計標準使用期間の超過などが原因となり発生する水漏れが考えられます。

配管との接続部

給湯器には水道配管、給湯配管、追い焚き配管、ガス配管、電源線など多くの配管が接続されています。給湯器本体と配管の接続部分は水漏れが発生しやすい部位であり、主な原因には接続部周辺に使用されている部品の品質低下や、施工ミス等が考えられます。

③配管本体

水やお湯が流れる配管本体の破損や劣化による水漏れです。配管本体の品質低下や凍結による破損が主な原因として挙げることができます。

水漏れを放置することの危険性

給湯器はお湯を沸かすためにガスと電気を必ず使用しています。給湯器内部に水漏れが発生した場合、何らかの対策を取らずに放置することで以下のような深刻な事態を招く恐れがあります。

一酸化炭素中毒

給湯器には火を起こすための燃焼機器であるバーナーが内蔵されており、水漏れによってバーナーが不完全燃焼を起こす可能性があります。ガスの不完全燃焼は人体に有害な一酸化炭素を発生させ、中毒症状を引き起こす危険があります。給湯器には安全装置が完備されていますが、万が一の可能性を考慮し注意が必要です。

漏電

給湯器内部には電気系の配線が通っています。水漏れにより内部に水が溜まることで破損や接触不良を誘発し、漏電が発生する可能性があります。

③階下への浸水

集合住宅における水漏れでは、階下への浸水、漏水の危険性を考慮しなければなりません。ベランダなどの給湯器が設置されている住居では、給湯器から漏れ出した水が階下にまで及んでしまうことも考えられます。

給湯器水漏れの対処方法

給湯器からの水漏れを発見した際には、被害の拡大防止と安全性を考慮し、以下の処置を行いましょう。

自分でできる処置

①給湯器の電源を落とす

給湯器内部にも水が漏れ出している可能性があります。必ず電源を切ってからコンセントを抜いてください。

②給水元栓を閉じる

給水元栓とは、水の出し入れや量を調整するために設置されたバルブです。給湯器と給水管を繋ぐ配管上部にレバーやハンドルが設置されています。忘れずに閉じましょう。

③水漏れ箇所を特定する

正確な水漏れ箇所を特定しなければなりません。上述の水漏れが発生しやすい箇所を参考に、水が漏れ出している箇所を探します。

本格的な修理は業者へ依頼

給湯器の自己修理はおすすめできません。給湯器は水やガス、電気の配管が複雑に接続された精密機器であり、素人が無闇に触ってしまうと事故や故障の危険性が増加します。水漏れの原因や発生箇所が明確な場合でも、必ず専門の業者に依頼しましょう。

水抜き栓からの吐水は水漏れではない

給湯器の配管接続部には、水抜き栓と呼ばれる開閉装置が設置されています。水抜き栓には減圧や凍結防止のために内部の水を抜く機能が付与されており、定期的に吐水が行われています。水抜き栓からの吐水は給湯器の正常な働きによるものです。ただし、吐水の量や時間に違和感を覚える場合には注意が必要です。

専門業者の費用相場

専門業者による給湯器の水漏れ修理費用は、個別の事例によって大きく費用に差があります。給湯器外部を構成する部品の交換やリモコンの修理などは1万円前後で修理することができますが、内部のバーナーや電気系基板、安全装置などの修理には数万円の費用が必要です。

また、給湯器本体の交換が必要な事例においては、本体料金と共に設置工事費なども加算されます。給湯器本体は機能や構造により価格帯に幅があり、選択次第では高額な費用が必要です。専門の業者を利用する際には複数の業者に見積もりを依頼し、費用に納得した上で決定することをおすすめします。

水道救急車に依頼して直す場合の相場

水道救急車の作業料金

キッチン

3000円~ ※見積無料

 

 

洗面所

浴室

トイレ

給湯器


給湯器の水漏れ予防

給湯器を安全かつ正常に利用するためには日々の水漏れ予防が大切です。この項では自分でできる水漏れ予防法をご紹介します。

確実な水抜き

寒波がやってくる時期や長期間の不使用時には、給湯器内の水を抜いておきましょう。内部に残った水が凍結することよって給湯器本体や部品が破損し、水漏れを誘発する恐れがあります。

【方法(一般的なガス給湯器の場合)】

  1. 電源は入れたままで、本体のスイッチを切る
  2. 給湯器直下のガス元栓と給水元栓を閉める
  3. キッチンや洗面台、浴室など、住居内にある蛇口を全開にする
  4. 給湯器直下に設置されている水抜き栓を開く(数や形状は給湯器の種類により異なるため、取扱説明書を参照する)
  5. 給湯器内部の水をすべて抜く
  6. 電源プラグを抜く

再度使用する際には、水抜き栓及びすべての蛇口を閉じ、給水元栓を全開にします。蛇口からの正常な吐水を確認したら、ガス元栓を開けます。

配管の凍結を防止する

凍結によって配管に亀裂が入ると水漏れが発生します。現在の給湯器には凍結予防ヒーターが内蔵されているモデルもありますが、本体外部に繋がる配管部分を温めることはできません。配管部分を凍結から守るためには住居内の蛇口からお湯を出しておく方法が有効です。

住居内のいずれか一箇所から少量のお湯を流します。お湯を流す際には住居内のリモコンを切り、給湯器のガス元栓を閉めておきましょう。

安全性のチェック

給湯器の取扱説明書やメーカーのHPには、安全性に関するチェック項目が記載されています。記載内容に従って定期的に給湯器の状態をチェックしましょう。万が一、水漏れが発生している場合でも発見が早ければ被害を最小限に止めることが可能です。

給湯器の特徴

お湯を供給することを目的として設置されている機器です。住宅内でお湯を使用するためには給湯器の存在が必要不可欠であり、現在ではほとんどの戸建て住宅や集合住宅に完備されています。

【機能】

給湯器は機能により様々なタイプが存在します。一般的にはキッチン、洗面台、浴室シャワーへの給湯が可能なものや、浴槽の給湯や追い焚き機能がプラスされた風呂給湯器と呼ばれるタイプが主流です。

【種類】

給湯器はガス・電気・石油のいずれかを用いてお湯を作り出しています。一般的に広く利用されているのはガス給湯器ですが、どの給湯器にもそれぞれのメリットやデメリットが存在します。

給湯システム】

給湯器はお湯を作り出す方式により2種類に大別することができます。

貯湯式

給湯器内で作り出したお湯を貯湯タンクに蓄え、必要な時にタンクから吐水する方式です。主に電気給湯器に採用されています。

瞬間式

お湯を使用する瞬間に給湯器内でお湯を沸かし吐水します。一般家庭内に設置されているガス給湯器の多くは瞬間式が採用されています。

【場所】

給湯器の設置場所は屋外と屋内に分かれますが、安全性の都合から屋外に設置されている住宅が多いでしょう。戸建て住宅の場合には壁面、集合住宅ではパイプスペースが一般的です。

まとめ

給湯器の水漏れは日常的に起こり得るトラブルの一つです。給湯器は水だけではなくガスや電気を利用して稼働しており、水漏れを放置しておくことはリスクを伴います。

給湯器の水漏れを発見した際には、焦らず自分で可能な限りの処置を行うことが大切です。その後の本格的な修理や交換は、必ず専門業者に依頼しましょう。