洗面台からの水漏れ理由は? 主な原因と自分で可能な対処法

水周りトラブル解決

日々使用する洗面台周辺は水漏れのリスクが高い箇所です。水漏れは様々な原因によって発生しますが、正確な知識を持っていなければ対処することはできません。この記事では、自宅の洗面台から水漏れが発生した際の原因と対処方法を解説します。

洗面台からの水漏れ原因は3つ

洗面台周辺の水漏れ原因は3つに分類することができます。

つまり

洗面台の排水口には体毛(髪の毛やひげなど)や洗浄剤のカス、皮脂や異物などが流れ込みます。流れ込んだ汚れやゴミが洗面台内部に蓄積し、内部を圧迫することで水の流れを阻害します。行き場をなくした水は外部に漏れ出してきます。

ゆるみ

水栓(蛇口)や洗面台内部には多くの部品が使用されています。各部品の接続部は長年の使用により少しずつ緩みが生じることがあり、隙間を伝って水が漏れ出します。

劣化

水栓(蛇口)やパイプ、排水管などは消耗品です。長期間の使用により経年劣化が進行し、ひびや亀裂などが発生すると水漏れの原因となります。

水漏れが起こりやすい箇所

水栓(蛇口)周り

水栓周辺のいずれかの箇所から水漏れが発生します。つまり、ゆるみ、劣化いずれの原因も考えられます。また、一般的な住宅に設置されている水栓(蛇口)にはハンドルタイプとレバータイプの2種類が存在し、タイプによって原因や対応が異なります。

排水管周り

洗面台直下の排水管周辺から水漏れが発生します。水栓周りと同様に、つまり、ゆるみ、劣化いずれの原因も考えられ原因によって対応が異なります。

水漏れを発見した際の対処方法

発生しやすい水漏れ事例と具体的な対処方法を解説します。

排水管のつまり

①排水管からの水漏れや排水口への逆流【改善策:薬剤や清掃器具の使用】

市販のパイプクリーナーなどを使用して汚れを溶かし落とす方法や、ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使用して汚れやゴミを吸引する方法が有効です。

②排水管や排水トラップ周りの水漏れ【改善策:排水管の分解】

つまりが予想される部分を繋ぐナットを脱着し(工具を必要としないタイプも存在します)、排水管の一部を取り外します。内部のつまりを解消し、改めて装着しましょう。

水栓(蛇口)周り

①各部品の接続部からの水漏れ【改善策:ねじを締め直す】

経年使用による接続部の緩みが原因です。ねじを締め直すことで改善される可能性があります。

②ハンドル直下の水漏れ【改善策:パッキンおよびバルブカートリッジの交換】

・ハンドルタイプ

ハンドル上部のビスを外しハンドルを脱着します。ナットの下にセットされているパッキン(黒いドーナツ型の部品)を交換します。

・レバータイプ

レバー直下にあるビスを外しハンドルを脱着します。内部カバーを外し、設置されているバルブカートリッジを交換します。

③スパウト(パイプから続く胴体部分)からの水漏れ【改善策:パッキンの交換】

レバー直下にあるビスを外しハンドルを脱着します。内部カバーとバルブカートリッジ外し、スパウトを抜き取ります。内部のパッキンを付け替えてください。パッキンの交換で改善が見られない時はバルブカートリッジの交換が必要です。

④パイプ根元からの水漏れ【改善策:Uパッキンの交換】

パイプナットを緩めパイプを水栓(蛇口)本体から脱着します。内部のUパッキンを交換してください。

吐水口からの水漏れ【改善策:ケレップ(コマパッキン)およびバルブカートリッジの交換】

・ハンドルタイプ

ハンドル上部のビスを外しハンドルを脱着します。ナットの下にセットされているケレップ(コマのような形状の部品)を交換します。

・レバータイプ

レバー直下にあるビスを外しハンドルを脱着します。内部カバーを外し、設置されているバルブカートリッジを交換します。

排水管周り

①排水パイプの繋ぎ目からの水漏れ【改善策:ナットの締め直し、またはパッキンの交換】

排水パイプ接続部の緩みを確認し、締め直します。水漏れが改善されない場合にはナットを脱着し、内部のパッキンを交換します。

②排水パイプ表面からの水漏れ【改善策:補修用テープで補強する】

水漏れ箇所を確認し、市販されている水漏れ補修用のテープで補強します。補修テープには様々な種類がありどれも一定の効果を期待することができますが、テープによる補修はあくまでも応急処置です。ひびや亀裂が激しい場合には排水パイプの交換が必要になる事例もあるでしょう。

詳しい対処方法手順を知りたい方は以下の記事もご参照ください。

日々の予防策について

洗面台の水漏れは自力で対応することも可能ですができるだけ避けたいトラブルです。水漏れを防止するためには意識的な予防が大切です。以下に記載するポイントをしっかり押さえておきましょう。

固形物を流さない

排水管の幅は狭く固形物はつまりの原因となります。また、水に溶けないものや一度に大量の内容物を流す行為も避けましょう。

定期的な清掃

洗面台内部に使用できるクリーナーなどを使用した清掃は効果的です。内部の汚れやゴミを定期的に除去することでつまりを防止することができます。

接続部の緩みを締め直す

水栓(蛇口)や排水管の接続部に使用されているナットは経年により緩みます。意識的に確認し、締め直しましょう。

まとめ

洗面台の水漏れは原因と正しい対処法を知っておくことで解決可能です。しかし、原因がわからない場合や排水管自体の取り替えなど、自力での解決が難しい事例が存在することも確かです。対処方法がわからない時には専門の修理業者に依頼し確実に水漏れを解消しましょう。