洗面台のつまりを解消!原因別の直し方と予防方法

水周りトラブル解決

水回りには様々なトラブルが潜んでおり、中でも洗面台のつまりは比較的起こりやすい現象の一つです。つまりの発生により洗面台の使用が制限されると、日常生活に様々な支障が出てしまいます。

洗面台のつまりには原因があり、正しい処置と予防を行うことができれば発生リスクを抑えることができます。

この記事では、自分でできる洗面台のつまり解消・予防方法を解説していきます。

洗面台のつまりとは

正常な排水ができずに水の流れが滞る現象です。洗面台に設置されている蛇口からの吐水は、排水溝を通り建物内部の排水管へ流れていきます。排水管は水以外のものが流れることを想定しておらず、洗面台から何らかの異物が流れ込んだ場合、内部に留まり円滑な水の流れを妨げてしまうことがあります。

異物が蓄積する事で排水に支障をきたし、それ自体が難しくなるばかりか水漏れの危険性も高まります。洗面台の水の流れに違和感を感じたら、つまりを疑う必要があるでしょう。

洗面台をつまらせる4つの原因

異物混入や油分や垢の付着が洗面台をつまらせる原因ですが、円滑な水の流れを妨げる要素には以下の4つを挙げることができます。

体毛

髪の毛やヒゲなどの体毛は排水口に流れ込んでしまうことが多く、日々の脱毛が排水溝や排水管内に蓄積することによってつまりが発生します。

洗浄剤や整髪料の残り

石鹸やハンドソープといった洗浄剤や、ワックスやジェルなどの整髪料は洗面台で使用する機会が多いでしょう。洗面台に残った液や、手洗いの際に流れきれなかった成分が洗面台内部に付着します。

体の分泌物

洗顔や手洗い、うがいの際に体内から皮脂や垢が水と共に洗面台へ流れ出します。髪の毛やヒゲなどと同様、長い期間の継続使用により汚れが洗面台内部に蓄積していきます。

小物など

アクセサリーや洗面用具など、洗面台周りで使用する小物類を誤って排水溝に落としてしまう場合です。取り出さない限りその場に留まりつづけ、正常な排水の妨げになります。

洗面台のつまりが起こりやすい場所

洗面台内部は肉眼で確認することはできませんが、つまりが発生しやすい箇所は決まっています。

排水溝の入り口

つまりが起こりやすい場所の中で最も確認しやすい位置です。洗面ボウルを伝って様々な汚れが流れ込みやすい部位であり、つまりの原因として代表的な箇所です。

洗面台排水管(排水トラップ・Sトラップ)

排水溝の入口から下へ続く排水パイプの名称です。形状がアルファベットのSに似ている事からSトラップと呼ばれる事もあります。一見すると独特な形状のトラップ部分には常時水が溜まっており、下水から上昇してくる匂いを遮断したり、虫や小動物の侵入を防ぐ役割を担っていますが、汚れや小物が溜まる事でつまりを誘発する危険性もあるのです。

排水枡

住宅内の各所排水溝から流れ出た水の合流地点を排水枡と呼びます。排水枡は排水管とその先に流れる下水管に通じており、排水枡につまりが発生すると洗面台からの排水が滞る事があります。

床下の排水管や下水管

排水管は住居の壁内や床下を通って下水管へ合流しています。床下の排水管や下水管のつまりによって洗面台に不具合が生じている可能性もありますが、個人対処が難しい箇所である事を知っておきましょう。

自分でできるつまり対策

上述箇所でつまりが発生した際の対処方法を解説します。

排水溝入り口のつまり

ヘアキャッチャーの清掃

排水溝には「ヘアキャッチャー」と呼ばれる排水器具が設置されています。ヘアキャッチャーは排水溝に流れ込む体毛や油分を除去する役目があり、多くのゴミや汚れが溜まっています。軽度のつまりならば、ヘアキャッチャーを清掃する事で解消可能です。

【方法】

①排水溝の排水栓を取り出し、ヘアキャッチーを分離する(洗面台によっては排水栓がない場合もある)

②ヘアキャッチャーの汚れを清掃する。ブラシやたわしなどを利用してヘアキャッチャー自体の汚れやぬめりを丁寧に落とす

③ヘアキャッチャーと排水溝に塩素系の漂白剤を馴染ませる(一般に市販さているもので可能)

④30分程度放置した後に水で洗い流し、ヘアキャッチャーと排水栓を戻す

【道具】

  • ブラシ、歯ブラシなど
  • ゴム手袋
  • ティッシュ
  • 雑巾
  • 塩素系の漂白剤

洗面台排水管(排水トラップ・Sトラップ)のつまり

洗面台下部に位置する排水管内がつまっている場合には、直接的な方法と間接的な方法が存在します。

排水管を分解する

洗面台下部の排水管を分解し、管の中を直接清掃する方法です。

【方法】

①排水管の下にバケツをセットし、排水管のS字部分を固定しているナットを外す(予め清掃口が取り付けられているタイプでは必要ない)

②排水管内の水を抜き、中の汚れを掻き出し、清掃する。小物等がつまっている場合には取り除く

③排水管を元の位置に戻す(清掃口があるタイプでは蓋を装着する)

道具】

  • ウォーターポンププライヤー、モンキーレンチなど
  • バケツ
  • ゴム手袋
  • 雑巾

排水管クリーナーを使用する

排水溝から専用の薬品を流し込み、排水管内の汚れを洗浄します。

【方法】

①排水溝の排水栓を取り外す

②排水溝から専用の薬品を流し込み、30分〜60分程度時間を置く

③水を流してつまりの有無を確認し、排水栓を戻す

洗浄には市販されているパイプクリーナーを使用する方法が確実です。ただし、排水管内の汚れや垢が激しい場合や、中に小物がつまっている時にはパイプクリーナーの効果を期待することはできません。つまりの原因を確実に取り除くためには、分解清掃が確実でしょう。

【道具】

  • 市販の洗浄剤
  • ゴム手袋
  • 雑巾

重曹とクエン酸(お酢)を使用する

弱アルカリ性の重曹には、油分の多い汚れを中和し汚れを落とす作用があります。対して、酸性のクエン酸は石鹸のカスや水垢を落とす作用を持っており、二つを組み合わせて使用することで効果的に洗面台のつまりを解消する事ができます。

【方法】

①排水栓とヘアキャッチャーを脱着する

②排水口から重曹を振りかける(100~150g程度)

③200ml程度の水に小さじ一杯のクエン酸を混ぜ、クエン酸水を作る。重曹とクエン酸の割合は2:1程度を目安にする。(クエン酸の代わりにお酢を使う場合にはそのまま利用する)

④クエン酸水を排水口に流し込み、30分〜1時間程度様子を見る(重曹とクエン酸を混ぜた際に炭酸ガスが発生するため換気を怠らない)

⑤お湯(40°程度)で重曹とクエン酸水を洗い流す

【道具】

  • 掃除用重曹
  • クエン酸
  • ゴム手袋

排水口から専用のワイヤーブラシを挿入する

ワイヤー(針金)で作られた細いブラシを排水口から差し入れ、洗面台排水管内部の汚れや垢を取り除く方法です。ワイヤーはS字に沿って曲がり、複雑な排水管内部の形状に対応する事ができます。

方法】

①排水栓とヘアキャッチャーを脱着する

②排水口からワイヤーブラシを挿入し、汚れや垢を絡めとる(長さの調節可能)

③同じ作業を汚れや垢が取れなくなるまで複数回繰り返す

④排水栓とヘアキャッチャーを装着する

【道具】

  • ワイヤーブラシ
  • ゴム手袋
  • 汚れや垢を回収するティッシュや新聞紙など

専用器具の吸引力で押し上げる

真空式パイプクリーナーは、排水管内を真空状態にする事で汚れや垢を取り除く事ができる器具です。排水管内を圧力で押し下げ、さらに吸引する運動により、汚れや垢を引き抜く事ができます。

【方法】

①洗面台にあるすべての穴をテープ等で塞ぐ(水抜き穴など)

②排水栓とヘアキャッチャーを脱着し、排水口にパイプクリーナーの先端を密着させる

③上部のハンドルを上下に数回を動かす

④つまりが解消されたら排水栓とヘアキャッチャーを装着する

【道具】

  • 真空式パイプクリーナー
  • ゴム手袋
  • 汚れや垢を回収するティッシュや新聞紙など

ラバーカップを使用する

ラバーカップは排水管などのつまりを解消するための掃除用具です。基本的にはパイプクリーナーと同様に、汚れや垢を吸引する事でつまりを取り除きます。

【方法】

①洗面台にあるすべての穴をテープ等で塞ぐ(水抜き穴など)

②排水栓とヘアキャッチャーを脱着し、ラバーカップを排水口に押し当てる

③ラバーカップを引き抜く。押し当てと、引き抜く作業を何回も繰り返す

④つまりが解消されたら、排水栓とヘアキャッチャーを戻す

道具】

  • ラバーカップ
  • ゴム手袋
  • 汚れや垢を回収するティッシュや新聞紙など

排水枡のつまり

屋外の排水枡内を清掃する

排水溝や排水管を清掃してもつまりが解消されない時には、その先の配管や排水枡がつまっている可能性があります。戸建て住宅の場合には、排水枡は敷地内の屋外に設置されており、自身で清掃することも可能です。(数カ所に点在している場合もある)

【方法】

①屋外にある排水枡の蓋を開ける

②汚れやゴミ、蓄積した油分を取り除き清掃する(散水ホースや高圧洗浄機などがあれば便利)

③すべての排水枡の汚れを落とし、排水枡の蓋を閉める

【道具】

  • ブラシ
  • ゴム手袋
  • 市販の洗浄剤
  • マイナスドライバー
  • 散水ホースや高圧洗浄機

洗面台のつまりは予防できる

洗面台や内部排水管のつまりは、日々の継続使用によって蓄積した汚れや垢が大きく関係しています。つまりを起こさないためには以下の点に注意しましょう。

固形物を流さない

洗面台の排水溝や排水管は幅が狭く造られています。内部は細く小さな固形物でもつまりの原因になり得ます。洗面台を使用する際には、つまりの危険性があるものは身に付けないように意識しましょう。

定期的な清掃

排水口の掃除を定期的に行う事が大切です。ヘアキャッチャーに溜まったゴミを回収するだけでも水の流れは良くなります。同様に、手の届かない排水管の中も洗浄液を利用して掃除することで、汚れや垢の蓄積を予防する事ができます。清潔な状態を維持するためには10日に一回程度の清掃が肝心です。

つまりが解消しない時は専門業者へ

洗面台のつまりは、適切な対処とこまめな予防により一定の対策は可能です。しかし、排水管の奥や下水管に近い場所、修理に大規模な工事を要する場合や部品の交換が必要になる事案など、個人では対処しきれない事例が発生する可能性も考えられます。自分で対処できない場合には、専門の業者に依頼する選択が賢明です。以下に専門業者に依頼した場合の費用相場を記載します。

洗面台のつまり、洗浄費用の相場

               内容      平均費用相場
簡単なつまり5,000円程度
高圧ポンプや洗浄機使用15,000円〜40,000円程度
トラップの取り外し  8,000円程度
トラップの取り替え20,000円程度
排水枡や屋外の配管30,000円〜

※別途基本料金やその他のオプション料金が加算される場合があり、配管の距離や使用する道具の有無によって修理費用の変動があります。詳細は各業者のHPをご確認ください。 

水道救急車に依頼して直す場合の相場

水道救急車の作業料金

洗面台のつまり

3000円~  ※見積無料

毎日使用する洗面台は、汚れや垢が溜まりやすくつまりの危険性が伴う箇所です。何らかの兆候や異変を感じたら早めに対策を講じる必要があります。

正しい対処方法を知っていれば、個人で解決できる事も多い洗面台のつまり。自分で挑戦する際には、ぜひこの記事の内容を参考に対応してみてください。