トイレのつまりにパイプユニッシュは効果なし? 使えない利用と適切な対応を解説

水周りトラブル解決

排水溝や排水管の掃除にパイプユニッシュを利用する方は多いかもしれません。キッチンや浴室にはとても便利なパイプユニッシュですが、トイレのつまり解消にはおすすめできません。

この記事では、パイプユニッシュがトイレに使用できない理由と正しい対応策について解説します。

パイプユニッシュとは

パイプユニッシュは主に家庭用洗剤などを手掛けるアメリカのSCジョンソン社が製造、販売している清掃用の洗浄剤です。排水溝や排水管内にへばりついた汚れやヘドロを取り除く効果を持ち、直接手を触れずに排水口から注ぐだけで効果が期待できるという手軽さから広く親しまれています。

主な成分に次亜塩素酸や水酸化ナトリウムなどを配合したアルカリ性の液体薬品であり、強い溶解力で汚れを分解します。

パイプユニッシュが効果的な汚れ

塩素系クリーナーのパイプユニッシュは以下のような汚れに効果を期待することができます。

  • 油(調理で使用したものや食材に使用されているもの)
  • 食べ物(食べ残しなど)
  • 髪の毛(抜け毛など)
  • 石鹸(水で流れなかった残りカス)

主にキッチンや浴室の排水口内に見られるこれらの汚れに対し、パイプユニッシュは高い解消・予防効果が実証されています。

トイレをつまらせる主な原因

ではトイレをつまらせる原因とは何でしょうか。起こり得る可能性を解説します。

一度に大容量を流す

トイレットペーパーや水に溶けるタイプのトイレクリーナーだからといって大量に流してはいけません。トイレの排水口は細く、奥へ続く排水路は曲がりくねっています。一度に大量のトイレットペーパーなどを流すことでつまりが発生します。

水に溶けないものを流す

おむつや水に溶けないナプキンなどを流してしまうことで発生するつまりです。水に溶けないことで排水路内に留まり、つまりを誘発します。

異物の落下

トイレを使用する際に便器内に落下してしまったものが原因で発生するつまりです。小物類は排水口に入りやすいサイズです。スマートフォンや腕時計、キーケースやアクセサリーなどの落下が多いでしょう。

汚れの蓄積

定期的な清掃を怠ったことによる汚れの蓄積が原因となって起こるつまりです。主に体内や水道水の成分が排水口や排水路の壁面にこびりつくことが原因で発生します。


トイレのつまりにパイプユニッシュは使えない

上述の通り、トイレのつまりは「一度に流す容量が多すぎること」および「異物の混入」が主な原因です。パイプユニッシュは油や髪の毛を溶かし落とすことに関しては高い効果を発揮しますが、トイレをつまらせる内容物に対しての効果は期待できません。

パイプユニッシュを販売するSCジョンソンの公式HPでは、水栓トイレにパイプユニッシュを使用することに対しトイレつまりの原因となるペーパー類を分解することは難しい旨が記載されています。

参照:SCジョンソン パイプユニッシュ よくあるご質問

トイレにパイプユニッシュを使用するリスク

トイレのつまりにパイプユニッシュを使用できない理由は効果だけではありません。

有毒ガスの発生

パイプユニッシュは次亜塩素酸が配合されている塩素系の洗浄剤です。塩素系の洗浄剤は汚れを分解し取り除くことに高い効果を発揮しますが、酸性物質と混ざり合うことで塩素ガスを発生する特徴があります。

トイレ用のクリーナーには酸性や弱酸性の洗浄剤が存在し、パイプユニッシュと併用することで人体に有毒なガスが発生する危険性があるのです。市販の洗浄剤に「まぜるな危険」と表記されている理由は有毒ガスの発生を危惧しての処置です。トイレの洗浄にパイプユニッシュを使用するのは控えましょう。

トイレつまりを自力で解消するには

パイプユニッシュが使用できないからといって、トイレつまりを放置しておくことはできません。トイレのつまりには自力で可能な対応策が存在します。

1.トイレ専用の洗浄剤を使用する

パイプユニッシュと同様にトイレ用の洗浄剤が市販されています。

2.便器に水を流す

水流によってつまりを解消する方法です。

3.重曹とクエン酸を使用する

混ぜ合わせることで発生する炭酸ガスは尿石(体内の尿素やタンパク質が固まって壁面に付着したもの)を落とす効果が認められています。

4.ラバーカップを使用する

カップ状の吸引器具です。吸引力で排水路内のつまりを取り除きます。

5.真空式パイプクリーナーを使用する

ラバーカップと同様の原理でつまりを解消する器具です。ラバーカップよりも強力な吸引力を発揮します。

この項では、自力でできる代表的な対処法をご紹介しました。自力で可能な解決方法の詳細を知りたい方は下記サイトをご参照ください。

トイレつまりの適切な対応

トイレのつまりは自力で解決できる場合もありますが、確実に対処するためには専門業者に依頼する方法がおすすめです。専門業者に依頼する場合には諸々の費用が発生しますが、確実につまりを解消することができます。

具体的な解決策が曖昧な状態での対処は事態を悪化させてしまう危険性もあるでしょう。自力対処に不安がある場合には専門業者を利用しましょう。