トイレのつまりを自分で直す方法|軽度〜重度の症状別に解説

水周りトラブル解決

トイレは毎日使う場所だからこそ、トイレつまりなどのトラブルが起きてしまったらできるだけ早く解決したいですよね。

このとき、慌てて自力で直そうとするのはかえって危険です。つまりの原因となっているものを深く押し込んでしまったり、つまりを解消しようとして水をさらに流してしまったりすることがあります。

事態を悪化させる恐れがあるので、トイレがつまってしまったら、原因を明らかにしてから自分で直す修理業者へ修理を依頼するかを決めて行動してください。

この記事では、

  • トイレつまりの前兆としてみられる症状
  • トイレがつまってしまう原因
  • 自分で対処できる軽度のトイレつまり対処方法
  • 重度のトイレつまりの対処方法
  • 修理業者に依頼する場合の費用
  • 料金相場

について解説していきます。

トイレつまりの前兆としてみられる症状

水の流れが悪くなる

トイレの水の流れが悪くなる原因には、

  1. 何かが引っかかっている
  2. タンクに不具合が生じている

 主にこの2点が挙げられます。

「なんとなく水の流れが悪い気がする」と感じた時点で、トイレには何かしらのトラブルが起きていると考えてください。

1.何かが引っかかっている便器内をチェック

大量のトイレットペーパーを流してしまったり、水に溶けないものを流してしまったりすると、水の流れが悪くなります。

便器の中の水溜りの部分に何かが引っかかっていないかチェックしてください。

2.タンクに不具合が生じている - タンク内をチェック

節水対策ペットボトルなどをタンク内に入れている場合、それらが水流を悪くしている原因になっていることが考えられます。

便器内の水溜り部分に何の異常も見られない場合は、タンクの中をチェックしましょう。

タンクの中は、水を適切に流せるように計算された構造になっています。基本的にタンク内には洗浄剤以外のものを入れないようにしてください。

節約や環境保全のためにも節水は大切なことですが、過度な節水はトイレの水トラブルを引き起こす原因にもなります。

レバーを適切に使用したり、水を流す頻度を適切に守ったりして水の消費を抑える工夫をしていきましょう。

水位がいつもと違う

トイレの水を流した直後に水位が上がってきたり水が多く溜まってしまう場合、便器の排水口や排水管が詰まっている可能性が高いです。

このとき、水位を元に戻そうとして水を何度も流さないようにしてください。排水口や排水管が本当につまっていた場合、水が便器内に溜まって溢れ出してきてしまいます。

しばらく時間をおくと水が引いていくことが多いため、大きなトラブルではないように感じられますが、便器内の水位が高いあるいは極端に低い場合、トイレはつまりやすくなっている状態になっています。

早めに点検・修理を依頼するようにしてください。

変な音がする

水を流した後に異音がする

「コポコポ」「ゴボゴボ」という音が聞こえてくる場合、排水管内でトラブルが発生しているか、トラブルの前兆であることが考えられます。

少しずつぬるま湯を流し、ラバーカップで圧をかけ、排水管の内部清掃用ブラシでつまりの原因を除去してください。

便器より更に下部から異音がする

 継続的な「ぽたぽた」という音が便器よりさらに下の方から聞こえてきた場合も、水洗後の異音と同様に、排水管内でトラブルが発生しているか、トラブルの前兆であることが考えられます。

タンクから異音がする

水を流したあと、タンクから「シュー」「チョロチョロ」という水流音がした場合、タンク内の部品にトラブルが起きている可能性があります。 

異臭・いつもと違うニオイがする

便器より更に下部の部分、便器の封水周辺から異臭(下水臭)がする場合、排水口や排水管にトラブルが起きている可能性があります。

排泄物などが引っかかって流れ切らないまま腐敗が進んでニオイが発生していたり、引っかかっているものの影響で水や空気の循環が悪くなり、異臭を発生させていることも考えられます。

トイレがつまる原因

トイレが詰まってしまう原因には、大まかに分けて「モノ(異物)」と「トイレそのものの構造」の2つが挙げられます。

トイレがつまる原因①:モノ

水に溶けにくいもの
大量のトイレットペーパー ティッシュ、赤ちゃん用・介護用おむつ(おしり拭き)、掃除用ウェットシート、ペット用のトイレ砂(ペットの排泄物)、食べ残し(生ゴミ)、大量の油、生理用品、新聞紙、トイレットペーパーの芯、マスク、等
絶対に水に溶けないもの(異物)
メガネ、スマホ、家鍵、車のキー、ペン、ハンカチなど、ポケットに入れがちなもの、子供用おもちゃ、掃除道具

一度に大量のものを流したり、物理的に流せない大きさの固形物を流すとトイレはすぐにつまってしまいます。

トイレがつまる原因②:トイレの構造

トイレは、つまりやすいと言ってもいい構造をしています。

①「せき」という部分にモノや異物が詰まるケース

「せき」とは、排水路への通路にあたる急なカーブ状をしている部分です。水流に対して重たいもの、カーブに対して大きすぎるものは流れにくくなって詰まってしまいます。

②「せき」を超えた排水路から下水に流れる直前の部分にモノや異物が詰まるケース

「せき」のさらに奥の部分は、「せき」よりもかなり狭い構造です。ので、水に溶けにくいもの、水に溶けないものがつまりやすい。

レベル別・トイレのつまりを自分で直す方法

トイレがつまってしまった時は、できるだけお金も手間もかけず解消したいものですよね。

このセクションでは、トイレつまりを実際に自分で直す方法をいくつか紹介していきます。

【軽度】のトイレつまり

このページでの「軽度」は、放置しても直せる程度のトイレつまり(水溶性の高いものをつまらせてしまった場合)を指します。

①お湯とバケツを使う:1時間程度放置

用意するもの

  • 45~50度のお湯
  • バケツ

手順

  1. 止水栓・元栓を締める
  2. (ウォームレット等)電源コードを抜く
  3. 便器に溜まっている水を抜く
  4. バケツでお湯を流す
  5. 1時間程度放置する
  6. バケツで少しずつ水を流す
  7. 流れているかどうかを確認する

※50度以上の熱湯は便器が割れる恐れがあるため、使用を避けてください。

②重曹・お酢・お湯を使う:1時間程度放置   

用意するもの

  • 重曹
  • お酢
  • 45~50度のお湯

手順

  1. 止水栓・元栓を締める
  2. (ウォームレット等)電源コードを抜く
  3. 換気をする
  4. 便器内に溜まっている水を抜く
  5. 計量カップ4分の1程度の重曹を振りかける
  6. 計量カップ2分の1程度のお酢(クエン酸を)を振りかける
  7. 炭酸ガスが発生する
  8. 高い位置からお湯を流す(1~1.5ml程度)
  9. 便器の半分くらいの水位まで来たら蓋をする
  10. 1時間程度放置する
  11. ラバーカップを使ってつまりを分解する
  12. バケツで少しずつ水を流す
  13. つまりが解消できたかどうかを確認する

※50度以上の熱湯は便器が割れる恐れがあるため、使用を避けてください。

この方法を取る場合、つまりの原因になっている汚れを綺麗に落とすことによって流れの状態を良くすることは出来ますが、トイレットペーパーを溶かす力は水を使用した場合と同じ程度なので注意してください。

【中等度】~【重度】のトイレつまり

中等度~重度:解消のためのアイテムが必要になる程度のトイレつまり

①:ラバーカップを使う

用意するもの

  • ラバーカップ
  • バケツ

手順

  1. 止水栓を閉める
  2. 新聞紙またはビニール袋を床に敷く
  3. ラバーカップのゴム部分が浸るくらいまで便器の水を抜く
  4. ラバーカップで詰まりを解消する
  5. バケツで少しずつ水を流す
  6. 適切に水が流れるか、つまりが解消されたかを確認する
  7. 止水栓を開け、レバーで水を流す

※ある程度の重量がある固形物を落とした場合は、ラバーカップの使用を避けてください。

②:真空式パイプクリーナー

用意するもの

  • 一般家庭用真空式パイプクリーナー(※画像はプロ仕様の「ローポンプ」です。)
  • バケツ
  • 新聞紙
  • ビニール袋

手順

  1. 止水栓・元栓を締める
  2. 新聞紙を床に敷く
  3. ビニール袋に穴を開け、真空式パイプクリーナーを通す
  4. レバーを押し下げた状態にする
  5. 真空式パイプクリーナーを排水口の穴に隙間なく靴ける
  6. クリーナーのハンドルレバーを勢いよく引き上げる
  7. つまりが解消するまで押し引きを繰り返す

※真空式パイプクリーナは、便器内に水が溜まっていない場合に使用してください。

③:ゴム手袋・ビニール袋

用意するもの

  • ビニール袋2枚
  • ゴム手袋
  • バケツ

手順

  1. 便器の水量を調節する
  2. ゴム手袋をつける
  3. ビニール袋を2枚重ねて手を入れる
  4. 手首部分を輪ゴム等で止める
  5. 握り拳を作り便器の排水口に突っ込む
  6. 拳を排水口に出し入れしながら、水圧を変える
  7. バケツで水を流す
  8. つまりが解消されているか確認する

※ラバーカップと同じ要領で押し引きを繰り返し、つまりを解消していきます。ビニール袋を誤って流してしまわないように注意してください。

④:針金ハンガー 

用意するもの

  • 柔らかめの針金ハンガー
  • ペンチ
  • バケツ

手順

  1. 針金ハンガーの取手部分をペンチで切る
  2. 排水口に突っ込む側の先端を輪状にする
  3. 輪状にした針金ハンガーを排水口に突っ込み、さらに奥へ突っ込む
  4. つまりの原因の感触があったら、小刻みに優しく動かす
  5. つまりの原因となっているものが削られていくので、水が少しずつ流れるようになる
  6. ある程度水が流れたら、バケツで水を少しずつ流す
  7. つまりが解消されているか確認する

※女性の力でも曲げられる強度の針金ハンガーを使用してください。あまりに頑丈なハンガーを使ってしまうと怪我をする恐れがあります。

⑤:サランラップ

用意するもの

  • サランラップ

手順

  1. 便器をラップで覆います
  2. ラップが破けてしまわないように何重かにします
  3. しっかりとカバーできているか確認します
  4. ラップの端を、テープで便器の側面にしっかり止めます
  5. レバーで一度トイレを流します
  6. ラップが膨らんできます
  7. 膨らんだ部分を何度か手で押します
  8. 空気の圧力でつまりが解消していきます
  9. 水が流れていくか確認します
  10. 10.ラップを外して、正常に流れていけば解消です

タイプ別(洋式/和式)・トイレのつまりを自分で直す方法

洋式トイレ

①止水栓を止めます。

 ⇨水漏れを防ぎます。

②床にビニールシートや新聞紙を敷きます。

 ⇨水漏れ、水はねを予防します。

③洋式用ラバーカップを使う

⇨便器内に水が溜まっているかを確認し、ラバーカップを押し込んで引っ張る工程を繰り返してください。

和式トイレ

①ぬるま湯で水溶物を分解

しばらく時間を置いたあと、流してください。

②分解しきれない場合、和式用ラバーカップを使う

和式は洋式と比べてつまりにくい造りをしていますが、症状の程度によっては取り外しや壊さなければいけない場合もあります。

絶対にやってはいけないトイレつまりの対処法

NG①:熱湯の使用

トイレットペーパーなどの水溶性の高いものは、高温のお湯で溶ける性質を持っています。

熱湯だけでトイレのつまりが解消されるのであれば試してみたくなるものですが、便器は陶器でできているので極度の高音には耐えることができません。

50度以上の熱湯を流してしまうと便器にヒビが入りやすくなり、水漏れが起きてしまったり、便器ごと交換する必要が出てきたりしてしまいます。

トイレがつまってしまったら必ずぬるま湯を使用しましょう。高温の熱湯の使用は避けてください。

NG②:キッチン用パイプクリーナー、お風呂用パイプクリーナーの使用

トイレのつまりを直すために、専用の薬剤を備えている人も多いのではないでしょうか。

つまりの原因が何であるかがはっきりしている場合、専用の薬剤を使用するのは問題ありませんが、代用としてキッチン用やお風呂用のパイプクリーナーを使用するのはやめましょう。

溶かす目的のものが違うため、部品にダメージを与える危険性があります。

NG③:流水で対処しようとする

トイレがつまっているということは、水の出口が塞がれている状態です。

つまった状態(水が逃げられない状態)の上から何度も水を流してしまうと、逆流して便器から水があふれてしまい、トイレ中が水浸しになってしまいます。

ラバーカップなどでつまりの原因を取り除いたあとに水を流しましょう。つまった状態が緩和したら、レバーハンドルではなく必ずバケツから水を流してください。

トイレつまりを「自分で直す」or「業者に依頼する」の判断ポイント

自分で直す場合

トイレつまりの原因がトイレットペーパーであることが確定している。

業者に依頼する場合

トイレつまりの原因がトイレットペーパー以外の異物であるか、原因がわからない。

費用・料金相場

「水道救急車」の作業料金は以下のようになっています。

水道救急車の作業料金

トイレのつまり解消 3000円~  ※見積無料
トイレの排水管つまりの解消
トイレのつまり予防
トイレの水量・圧力調節

 

トイレのつまりが自分で対処できない場合は業者に依頼

トイレの「つまり」は、必ず正しい方法で対処していきましょう。

焦って何とかしようとしてしまうと、余計に状況が悪化してしまい、修理にかかる手間も費用もかさんでしまう一方です。

トイレがつまったことが分かったら、

  1. 止水栓を止める。
  2. 床にビニールシートを敷く。
  3. つまりの原因に合わせたアイテムで対処してみる。
  4. 状況が良くならなければ業者に依頼する。

以上の流れを守り、落ち着いて対処するようにしてください。

軽度のつまりであれば自分で解決することができますが、自分で対処しきれないと少しでも感じた場合は、すぐに修理業者へ依頼しましょう。