シングルレバー混合水栓の水漏れは自力で直せる! 素人でも可能な対処方法を紹介

水周りトラブル解決

シングルレバー混合水栓は、手軽な操作で吐水と止水が可能な水栓です。現在では多くの建物に設置されている水栓ですが、本体や部品の劣化に伴い水漏れが発生することがあります。この記事では、シングルレバー混合水栓に起こりやすい水漏れと、自力で可能な対処方法をご紹介します。

シングルレバー混合水栓の水漏れ箇所と原因

水栓には水漏れが起こりやすい箇所があり、シングルレバー混合水栓では4箇所に注意が必要です。

①吐水口

水やお湯を出すための、口部分からの水漏れです。一度に大量の水が漏れ出すことはありませんが、少量が絶えず滴るような水漏れが特徴的です。

主な原因

  • バルブカートリッジの故障・劣化
  • パッキンの摩耗・劣化

②胴体部分

水栓の胴体(スパウト)にあたる部分からの水漏れです。少量の場合にはわかりづらい箇所ですが、漏水量によって胴体下部に水が溜まることがあります。

主な原因

  • バルブカートリッジの故障・劣化
  • パッキンの摩耗・劣化
  • 胴体部分表面の傷やヒビ

③ハンドル部分

吐水と止水、水とお湯の切り替えを行うハンドル部分からの水漏れです。胴体部分との連結部から、水が漏れ出すように滴り落ちます。胴体部分より上部に位置し、一見すると水漏れ箇所が特定しづらい部分です。

主な原因

  • シングルレバーの故障、接続部位の緩み
  • バルブカートリッジの故障・劣化

④根元部分

本体の設置部分にあたる根元からの水漏れです。水栓本体を囲うように、水たまりができることがあります。ハンドル部分や胴体部分が濡れていなければ、根元からの水漏れを疑いましょう。

主な原因

  • パッキンの摩耗・劣化
  • 給水管との接続不備

水漏れを確認したらやるべきこと

シングルレバー混合水栓からの水漏れを確認した場合、何らかの対応が必要になります。以下に、具体的な行動手順を解説します。

1:水漏れ箇所のチェック

上述の内容を確認した上で、水漏れ箇所の特定と水漏れの原因把握に努めましょう。

2:止水栓・元栓を閉じる

止水栓や元栓を閉じない限り、水は漏れ出し続けます。水漏れ箇所や原因の特定後には、必ず止水栓・元栓を閉じましょう。

3:対処方法を決める

水栓の修理は、自力で行う方法と専門の業者に依頼する方法があります。どちらにもメリットとデメリットがあり、一概に優劣をつけることはできません。水漏れの状況などから総合的に判断し、対処方法を決定しましょう。

4:自力で直す場合

自力で対処できるようであれば、必要な道具を用意しましょう。水漏れ原因により、新しい部品や専用の工具が必要になります。水栓内に使用されている部品は、形状や型番によって細分化されています。自力で対処する際には、部品の取り付けミスに注意が必要です。

5:専門の業者へ依頼する場合

水道トラブルを専門に扱う業者へ依頼しましょう。各業者の情報は、公式のHPなどから確認することができます。

自力で直すための方法

自力で水漏れを直すための、具体的な方法を解説します。シングルレバー混合水栓における、代表的な対処方法は以下の3つです。

【必要な道具類】

  • 新しい部品
  • 工具(ドライバー、レンチ、プライヤーなど)
  • ブラシ
  • 雑巾

バルブカートリッジの交換

吐水の水量や温度調整を担っている部品です。バルブカートリッジの寿命は、約5年程度とされています。

【手順】

  • ハンドルレバー側面のキャップを外し、ネジを脱着する
  • 水栓本体からハンドルレバーを引き抜く
  • 水栓本体を固定し、カートリッジカバーとカートリッジ本体を脱着する
  • 新品のバルブカートリッジを差し込む
  • 元の状態に組み立てる

パッキンの交換

水栓内部の隙間を塞ぐために、使用されている部品です。バルブカートリッジ同様に、約5年程度で交換が必要になります。

【手順】

  • ハンドルレバー側面のキャップを外し、ネジを脱着する
  • 水栓本体からハンドルレバーを引き抜く
  • バルブカートリッジと、胴体部分(スパウト)を引き抜く
  • 胴体部分下部にあるパッキンを脱着する(水栓の型により、使用されているパッキンの種類や数が異なる点に注意)
  • 元の状態に組み立てる

清掃や緩みの確認

部品の故障や劣化以外にも、水栓内部の汚れやゴミ、接続部の緩みや接続不良による水漏れが考えられます。上述の方法で水栓を分解した際には、内部の清掃や緩みの確認も欠かさずに行いましょう。

対応に悩んだ時の判断基準

対処方法に迷う時には、以下の点を基準に考えましょう。

水漏れ箇所や原因の特定

水漏れ箇所や原因が明白である場合には、自力対応も可能です。少しでも曖昧な点や不安がある場合には、専門の業者に依頼すると良いでしょう。

水漏れの規模

水漏れの規模や被害が大きい時には、迅速な対応が必要になります。自力での対応は諦め、専門の業者に依頼するべきです。

水栓の使用年数

水栓の平均寿命は10年程度です。長期間の継続使用が原因となって起こる水漏れでは、水栓本体の交換が必要になる可能性があります。水栓の交換には手間が掛かる事から、自力での対応はおすすめできません。

普段からできるチェックポイント

水まわりのトラブルには、日常的な予防が効果的です。以下の点を意識して、水漏れ防止に努めましょう。

定期的な清掃

水栓本体の清掃は、定期的に行いましょう。余裕があれば、内部部品の個別清掃も必要です。

緩みの確認

各種部品の接続部や、ナットやネジが使用されている箇所のチェックを行います。緩みや歪みがあれば、締め直すなどの対処を行います。

必要な部品の把握

水栓に使用されている部品は消耗品です。各種部品の詳細を把握し、修理の際に困らないようにしておきましょう。

まとめ

シングルレバー混合水栓の水漏れは、水漏れ箇所と原因がわかれば自力対処が可能です。水漏れが起こった際には、状況を正確に把握し、最善の方法を選択しましょう。