トイレのつまりは事前に防止! 日常的にやっておきたい予防策とは

水周りトラブル解決

水回りのトラブルの中で、トイレのつまりは最も厄介な問題といっても過言ではありません。トイレが使えなくなってしまっては、日常生活に支障をきたすばかりか健康問題に発展する恐れもあります。

この記事では、厄介なトイレのつまりを起こさないためにつまりの原因や日常的にできる予防方法を解説します。

トイレはつまりやすい構造をしている

現在主流となっている腰掛便器(洋式トイレ)は、背面(便器本体に内蔵されているタイプもある)にあるタンク内に水が貯まっています。トイレ使用時に側面のレバーハンドルを回すことにより、タンク内の水が便器に放出された水流を利用して内容物を処理します。

しかし、便器内のたまり(水が貯まっている部位)や奥へ続く排水管は狭く、流すことのできる内容物には限界があります。トイレは一度の排水で流すことのできる水量が決まっており、無闇に排水管を広く設計できないことが主な理由です。

トイレをつまらせる原因

トイレをつまらせる原因は4つに絞ることができます。

1:一度に大量に流す

トイレットペーパーや掃除用のクリーナーシートなど、一度に大量の内容物を流したことにより発生するつまりです。日常的に起こるつまりとして最も可能性の高い原因といえるでしょう。狭く細い排水口内に大量の内容物が流れ込んだことで排水が滞り、つまりを誘発します。

2:部品の劣化や故障

便器本体に用いられる陶器は非常に耐久性の高い素材です。ただし、背面タンク内には浮玉や排水弁、水位調節リングなどの消耗品が数多く使用されています。長年の使用による各部品の劣化や故障が発生し、排水時の水流や水量に変化が生じたことでつまりを引き起こす可能性があります。

3:汚れの蓄積

便器内には水や尿の中に含有されている成分や空気中の埃など様々な汚れが蓄積していきます。経年使用による汚れは排水口の壁面にへばりつき固形化します。固形化した汚れは円滑な水流を妨げ、つまりの原因となります。


4:異物を流す

本来便器に流すことのできない物を流してしまうことで発生するつまりです。食物の食べ残しや水に溶けづらい紙製品、不注意によって排水口内に落下したアクセサリーや小物類などがトイレをつまらせることがあります。

日常的に可能な予防策

発生してしまったつまりには何らかの対処が必要になります。つまりを回避するためには日々の適切な管理が大切です。心がけたい行動や予防方法をまとめました。

正しい使用方法を徹底する

トイレを長く安全に利用するためには正しい使用方法を理解しておくことが大切です。基本的な内部構造や排水システムを把握しておけば、つまりのメカニズムを知り、便器や排水口に掛かる負荷を最低限に抑制することができます。

こまめに流す

排水を分割する方法も有効です。一度に流す量を意識するとつまりのリスクを軽減することができます。掃除の際には、トイレに流さずゴミとして処理するなどの工夫も有効でしょう。

定期的な清掃

便器内の清掃は欠かさず行いましょう。便器内部には様々な汚れがこびりついています。定期的に汚れを落とすことで蓄積を防止できます。

【便器や排水管に付着する主な汚れ】

  • 埃(トイレ内で行う脱衣によって飛散した埃が便器に付着し固まったもの)
  • 水垢(水の中に含まれる成分が残り壁面に付着したもの)
  • 尿石(尿内に含まれるカルシウムが残り壁面に付着したもの)
  • バクテリア(空気中に存在する細菌。トイレ内の雑菌を食べ便器の壁面に繁殖する)

便器や排水管に付着する汚れはアルカリ性と酸性に分類でき、それぞれに適した洗浄剤などが製造、販売されています。

つまってしまった時には

日常的に予防策を講じても完璧につまりを防止することはできません。実際につまりが発生した際には具体的な対処が必要になります。つまりの解決方法は以下の2つです。

自力で解消する

自分で実践可能な方法を用いてつまりを解消します。

【自力で可能なつまり解消方法】

  • ラバーカップ(吸引力を利用してつまりを解消する)
  • 真空式パイプクリーナー(ラバーカップより強力な吸引力を利用してつまりを解消する)
  • ワイヤークリーナー(針金を利用して排水口内のつまりを掻き出す)
  • 重曹とクエン酸(炭酸ガスによって尿石などを溶かし落とす)
  • 部品の交換(劣化や故障部位を特定し、各部品の交換を行う)

自力で可能なつまり解消方法は他にも存在します。詳細は以下の記事をご参照ください。

専門の業者へ依頼する

つまりの原因がわからない場合や自力での解決が難しい時には専門の水道業者に依頼しましょう。依頼費用は必要になりますが、確実につまりを解消することができます。予め業者のHP等を閲覧し費用相場などを確認しておくと良いでしょう。

まとめ

トイレのつまりは日常的な管理によりある程度防止することが可能です。正しい使用方法を守り、定期的な清掃を欠かさないようにしましょう。万が一つまりが発生した場合には、然るべき方法で迅速に対応することが大切です。