閉じた蛇口から水が滴る現象は水漏れ!原因と対策を解説

水周りトラブル解決

蛇口を閉めたはずなのに、水がしっかり止まらずにポタポタと流れ続けている。そんな時は蛇口の水漏れを疑いましょう。蛇口の水漏れを直すためには、具体的な対策が必要です。この記事では、蛇口からの水漏れに関する原因や、自力で可能な対策方法を解説します。

代表的な蛇口の種類

一般家庭内に設置されている蛇口は、水とお湯のどちらか一方を吐水する「単水栓」と、両方を吐水する「混合水栓」に分けることができます。吐水方法にはハンドルレバーとシングルレバーがあり、どちらも基本的な仕組みに差はありません。

吐水の仕組みに違いのない2種類の蛇口ですが、内部には異なる部品が使用されています。水漏れの対処は自力で行える場合もありますが、蛇口の種類により必要な部品が異なる点に注意が必要です。

最初にすべきことは「応急処置」

蛇口の吐水口に水漏れを認めた場合、最優先で以下の処置を行いましょう。

1:止水栓を止める

止水栓とは給水管に設置されている器具であり、止水や水量の調節を行う水栓です。蛇口がある場所には必ず設置されており、蛇口直下の配管部分などに見つけることができます。

止水栓を閉じることで蛇口からの吐水を止めることができ、さらなる水漏れを防止することが可能です。元栓を閉じる方法もありますが、住居内のすべての水が止まってしまうことに留意が必要です。

2:漏れた水を拭き取る

止水栓を閉じても、蛇口本体内の残水が漏れ出してくることがあります。蛇口本体や周辺に漏れ出した水を拭き取りましょう。

吐水口からの水漏れ原因

吐水口からの水漏れ原因は主に3つです。

原因①ケレップ(コマパッキン)

ハンドルレバータイプの蛇口内部には、ケレップと呼ばれる部品が使用されています。ケレップは水の出し入れの制御に関係する部品であり、故障や劣化による動作不良が原因で水漏れを起こします。

原因②バルブカートリッジ

シングルレバータイプの、蛇口内部に使用されている部品です。蛇口からの水量や温度調節を担っています。消耗品であり、破損や劣化により水漏れの誘発します。

原因③異物のつまり

各種部品本体や蛇口との接続部に、垢やサビなどが溜まることによって発生する水漏れです。異物が部品本来の性能を阻害することで、水漏れを起こします。

自分でできる対処方法

水漏れの原因が判明すれば、対処することが可能です。この項では、自力で可能な水漏れ対策方法をご紹介します。

対処①ケレップ(コマパッキン)を交換する

【手順】

  • ハンドルレバー上部のキャップを脱着し、ネジを外す(要:ドライバー)
  • ハンドルレバーを蛇口から引き抜く
  • 三角パッキンとスピンドルを取り除く(ケレップは最下部にある)
  • ケレップを新品と付け替える
  • 脱着した部品を装着する

対処②バルブカートリッジを交換する

【手順】

  • シングルレバー上部のキャップを脱着し、ネジを外す(要:ドライバー)
  • シングルレバーを蛇口から引き抜く
  • バルブカートリッジの蓋を反時計回りに捩り、本体から脱着する(要:レンチ、ウォーターポンププライヤー)
  • バルブカートリッジを新品と付け替える
  • 脱着した部品を装着する

対処③蛇口内部や部品の清掃および交換

【手順】

  • ①、②と同様の手順で、蛇口本体からレバーを脱着する
  • 内部の部品を取り出し、歯ブラシなどで蛇口内部と部品本体を清掃
  • 脱着した部品を装着する

水漏れ放置は絶対NG

水漏れを放置してはいけません。放置した場合には、様々な弊害を引き起こします。

状況の悪化

水漏れには必ず原因が存在します。蛇口本体や部品の破損による水漏れの場合、時間の経過と共に悪化してしまう可能性があります。

衛生環境の懸念

常に水が染み出している状態は不衛生です。素材の腐食やカビの増殖を助長してしまうでしょう。アレルギーなど、人体に影響を及ぼす事態にもなりかねません。

水道料金の高騰

水漏れによる吐水は、水道料金に加算されています。水漏れを放置し続けることで、水道料金の高騰を招きます。

下階へ被害

マンションやアパートなどの集合住宅では、下階への浸水に注意が必要です。水漏れによって下階の住民に実害を与えた場合には、賠償問題に発展する恐れもあります。

普段からできる予防策

水漏れを引き起こさないためには、普段からの意識的な予防とチェックが効果的です。蛇口本体や周辺には常に目を配りましょう。蛇口を使用する際には水流や水量を観察し、違和感の有無を確認します。

シングルレバーやハンドルレバーの感触にも、水漏れの兆候は現れます。緩くなっているようであれば、工具を使用してナットやネジ部分を締め直してみましょう。また、蛇口に使用されている部品は消耗品です。水漏れの有無に関わらず、定期的なメンテナンスが必要です。

自力で解決できない場合には

蛇口の水漏れは様々な部位で発生します。水漏れ原因を正確に特定するためには、根気よく調べる必要があります。ただし、原因が特定できても、自力での対策が難しい事例もあるでしょう。

自力で解決できない時には、専門の水道業者に修理を依頼することが可能です。水漏れの発生を想定し、居住地域にある業者を把握しておきましょう。

まとめ

蛇口の吐水口から水が漏れる現象は、自力で対応することが可能です。水漏れは代表的な生活トラブルです。いざという時のために、正しい知識を身につけておきましょう。