混合水栓から水漏れを発見|自分でできる対処方法を解説

水周りトラブル解決

水回りのトラブルは様々な原因で起こります。蛇口からの水漏れは発生頻度が高く早期の解決が必要です。この記事では、蛇口の中でも住宅内の設置率が高い「混合栓」からの水漏れを想定し、自分自身で可能な修理方法を解説します。

混合水栓とは

一箇所の吐水口から水とお湯の双方を利用することができる水栓です。混合栓はデザインや使用方法によって形状が異なりますが、大きく2種に分類されています。

シングルレバー混合水栓

一つのレバーを操作し吐水と止水および水温や水流の調節を行うタイプの水栓です。レバーを左右に滑らせることで水温や水量の微調整も可能です。近年の主流タイプであり一般的な住宅に広く設置されています。

ハンドル型混合水栓

2つのハンドルで水とお湯を使用するタイプの水栓です。ハンドルを利用してすべての操作を行います。シングルレバータイプ以前から市場に出回っているタイプであり、築年数が経過している住宅などに多く見られる水栓です。

混合栓で発生しやすい水漏れ

混合水栓の水漏れ箇所は以下の通りです。

シングルレバー混合水栓の場合

①ハンドルレバーの付け根

可動頻度の高いハンドルレバー直下は水漏れの危険性が高い部位です。ハンドルレバーと水栓本体の接続部から水が染み出すように漏れ出します。

②ノズル部分

スパウト(本体から続くノズル部分)を覆うように水漏れが起こり底面に溜まります。

③吐水口

水栓未使用時であっても先端部からポタポタと水が滴ります。

④壁との接続部

壁付けタイプ(取付脚で壁に固定されている水栓)特有の水漏れです。壁を伝って水がじわじわ染み出してきます。


ハンドル型混合水栓の場合

①ハンドルの付け根

水栓を利用する際に可動するハンドル周辺は日常的に負荷が掛かっています。負荷は部品の劣化を早め、水漏れの危険性が増加します。

②吐水パイプの胴体部

水栓本体の中央に位置する吐水パイプの根元部分です。ハンドルの付け根と同様に水漏れの危険性が高い箇所です。

③吐水口

最もわかりやすい水漏れ箇所です。水栓未使用時にもパイプの先端部から水滴が漏れ出します。

④壁と水栓の接続部

ハンドル型混合水栓にも壁付けタイプが存在します。水漏れの特徴も同様であり、壁と取付脚の接続部(左右2箇所)から漏れ出します。

自分でできる修理方法

上述した水漏れの修理方法を解説します。

シングルレバー混合水栓

①ハンドルレバーの付け根

原因と改善策

水流を調節するバルブカートリッジの不良が原因です。新品のカートリッジと付け替えることで水漏れに対処できます。

【修理順序】

1.工具(ドライバー、モンキーレンチなど)を利用してハンドルを分離する

              

2.カバーを外してバルブカートリッジを脱着する

3.新品のカートリッジをセットし、カバーを取り付けハンドルを装着する

②スパウト部分

原因と改善策

スパウト内部のパッキンやOリングの不良やナットの緩みが原因です。正常に機能しない部品を入れ替えることが最善策です。

【修理順序】

1.本体からスパウトを分離する

2.内部のパッキンやOリングを新品と交換する

3.スパウトを取り付け、緩みがないようにナットを固定する

③吐水口

原因と改善策

バルブカートリッジが水漏れを誘発しています。交換を検討しましょう。(修理手順はハンドルレバーの付け根の項を参照)

④壁と水栓の接続部

原因と改善策

水栓と壁の接続部に使用しているシールテープの品質低下が考えられます。水栓の取付脚を脱着し、新品と付け替えます。

【修理順序】

1.モンキーレンチなどを利用して水栓本体と取付脚(壁と本体の接続部品)を分離する

2.取付脚を取り外し、ネジ部分のシールテープを脱着する

3.ネジ部分と配管内の汚れを落とし、何重にもシールテープを圧着する(ネジの方向と逆巻きにする)

4.水栓本体を取り付ける

ハンドル型混合水栓

①ハンドルの付け根

原因と改善策

ハンドル内部を構成するパッキンやスピンドルなどの部品不良、およびナットの緩みによって起こります。不良部品を交換することで改善できます。

【修理順序】

1.ハンドル部分を固定するネジを回収し、ハンドルを脱着する

2.不良部品(三角パッキン、コマパッキン、スピンドルなど)を交換する

3.水栓を元の状態へ戻す

②吐水パイプと本体の接続部

原因と改善策

日常的な酷使によるパッキンの不良が最たる原因です。新品のパッキンと交換することで解決できます。

【修理順序】

1.モンキーレンチなどでパイプを本体から脱着する

2.パッキンを取り出し、新品と交換する

3.パイプを装着する

③吐水口

原因と改善策

ケレップと呼ばれる部品の不良が原因です。新品のケレップを装着することで本来の状態を取り戻すことができます。

【修理順序】

1.ドライバーを使用してハンドルを脱着する

2.内部のケレップを取り出し、新品と交換する

3.ハンドルを水栓本体に固定する

④壁と水栓の接続部

原因と改善策

シングルレバー混合水栓と同様に、水栓と壁の接続部に使用しているシールテープの劣化が考えられます。壁から取付脚を外し、改めてシールテープで補修しましょう。

【修理順序】

シングルレバー混合水栓の項を参照

自力で解決できない時は

この記事では2種類の混合水栓で起こる水漏れと修理方法を解説してきました。ですが、すべての水漏れ事例を網羅しているわけではありません。単水栓を含む他水栓の水漏れについても把握しておく必要があるでしょう。

また、水漏れの状態次第では自力で修理できない事例も存在します。対処方法や原因が曖昧な場合には専門の水道業者へ依頼することが賢明です。

〈単水栓を含む水栓の水漏れについてはこちら〉

まとめ

トイレの水漏れ原因は限られています。水漏れ箇所や状態を正確に把握し、状況に合わせ適切な対応を心がけましょう。