台所の水捌けが悪いのは排水トラップが原因? 正しい対応方法を解説

水周りトラブル解決

台所の排水に違和感を覚えた際、排水口の中に設置されている排水トラップの椀を抜き取ることで水流が改善されることがあります。一体どうしてこのような現象が起こるのでしょうか。

この記事では、排水トラップが原因となって起こる排水不良の対処について解説します。 排水不良は、排水トラップに何らかの不具合が生じている場合に起こりやすい現象で、トラップの構造を理解しておくことで解決できる可能性があります。

排水トラップとは

排水口から続く排水管は下水道へと繋がっています。下水道は生活に使用した様々な汚水が流れ込む配管で、衛生的ではありません。適切な構造がないと下水道に滞留した悪臭やガス、および害虫や害獣などが下水道を通って排水口まで登ってきてしまいます。

そこで下水道からの臭気や生き物の侵入を防ぐことを目的として設置されている構造を「排水トラップ」と呼びます。トラップ内は水(封水)で満たされているのが通常です。排水トラップの種類は様々であり、建物や設置箇所によって異なります。

主な排水トラップの種類

一般家庭の台所には下記のいずれかの形状をした排水トラップが設置されています。排水に違和感がある場合には、最初に排水トラップの形状を確認しておきましょう。

椀トラップ

お椀を模した被せ蓋が存在するタイプの排水トラップです。椀と排水口を囲うように封水が満たされており、台所の排水トラップに多い形状です。

ドラムトラップ

既存のトラップの中で最も多量の封水を貯めることが可能であり、集合住宅のユニットバスや築年数の新しい集合住宅に多い形状です。

管(S字、U字)トラップ

築年数の古い住宅に多い形状です。排水管をくねらせることで封水スペースを確保し、悪臭や害虫の侵入に対処しています。

排水トラップ不良の原因

排水トラップ不良にはいくつかの原因が考えられます。椀を取り外すことで水の流れが回復するようであれば、トラップ本体の不良は考えづらく以下の可能性を疑うことができます。

つまり

排水トラップ不良として最も一般的な原因です。排水口には様々な内容物が流れ込み、流しきれなかった汚れやゴミが蓄積していきます。排水トラップ内に溜まった内容物が正常なトラップの働きを阻害することで可動不良が発生します。

【つまりを誘発する代表的な内容物】

  • 油汚れ
  • 食材のカスや食べ残し
  • 洗浄剤の残り
  • 異物(アクセサリーや調理道具の部品など)

ダブルトラップ

施工の事情により排水トラップが二箇所に設置されている状態をダブルトラップと呼びます。排水口直下と屋外へ繋がる排水管の経路上に設置されていることが多く、比較的古い建物に見られる特徴です。

ダブルトラップ構造では、排水管内の空気圧の関係から「排水時の異音」や「水の流れが滞る」といった不具合が発生することがあります。

排水トラップの外し方と清掃方法

つまりが原因となって起こる不具合には排水トラップの清掃が有効です。清掃には排水トラップ本体の取り外しが必要になります。

排水トラップの取り外し手順

①トラップ本体と台所上部を繋ぐナット、およびトラップと排水管を繋ぐナットを脱着する

②連結を解いたトラップ本体を上部(シンク側)に引き抜く(内部の封水漏れに注意)

③清掃完了後、シンク側からトラップ本体を差し込み台所上部と排水管側(下部)を連結する

排水トラップの清掃方法

排水トラップは多くの部品で構成されています。取り外した排水トラップは個別の部品ごとに清掃しましょう。

【排水トラップの構成部品】(注:構成部品の詳細はトラップの種類により異なります)

  • 目皿(止水プレートや排水プレート)
  • ゴミ受け
  • 椀トラップ部品(上に被せる蓋)
  • 内部トラップ部品(排水管との接続部)

それぞれの部品や排水口内をブラシなどを利用して洗浄します。清掃には一般的な台所洗浄剤を使用しましょう。汚れが落ちづらい際には漂白剤につけておくことも有効です。

手の届かない排水口内の清掃方法

排水トラップの奥へ続く排水パイプやホース内でつまりが発生している可能性も否定できません。有効的な清掃方法をご紹介します。

・ラバーカップ

配管用のつまり解消掃除用品です。軽度のつまりであれば解消することができます。

・真空式パイプクリーナー

ラバーカップ以上に吸引力の強いつまり解消掃除用品です。こちらもある程度のつまりであれば対応することができます。

・排水パイプやホースを清掃(交換)する

排水トラップと排水ホースを繋ぐナット(工具が必要ない形状もあります)を脱着し、排水管側の接続部を抜き取ります。ホース自体を清掃し、(汚れやつまりが激しい場合には新品と交換しましょう)取り付け直します。

ダブルトラップが原因で起こる不良

排水口直下のトラップの清掃やつまりを解消したにも関わらず水の流れが改善されない時には、ダブルトラップによる排水不良を疑いましょう。

2つ目のトラップは地中に埋め込まれていることが多く、屋外の排水枡から確認することができます。自力で可能な対策としては一時的な清掃や空気圧を調整するエア抜きキャップを使用する方法などがありますが、構造上の問題である場合が多く根本的な解決は期待できません。

ダブルトラップの最も有効な解決方法はトラップ自体を撤去してしまうことです。根本解決を求める場合には専門の水道業者に依頼する必要があります。

まとめ

排水トラップは多くの部品で構成された複雑な構造をしており、丁寧な清掃が必要です。日々の使用に違和感を覚えた際には排水トラップを確認してみましょう。

台所の排水溝は他にもあります。詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。