キッチンの排水溝はつまりやすい? 原因や箇所ごとの対処方法

水周りトラブル解決

住居内の水回りには様々なトラブルが潜んでいます。中でも日常的に使用するキッチンは危険性の高い箇所の一つです。キッチンで起こりやすい代表的なトラブルには「つまり」をあげる事ができ、正しい対策を知っておかなければ困ってしまうでしょう。

そこでこの記事では、キッチンの排水口内で起こり得るつまりの実態を紹介し、誰でも可能な対処方法をご紹介します。

キッチンの排水口がつまるとどうなる?

何らかの原因でキッチン内部につまりが発生すると、水の流れが滞り円滑に排水されない状態が継続します。軽度のつまりでは、シンク内からの排水に時間を要したり、排水の勢いが失われる現象が見られます。重度のつまりになると、排水自体が困難になる事例や、つまりが原因で水漏れが発生するなど、様々なトラブルが考えられます。

キッチンの使用中に少しでも異変や異常を感じる際は、つまりの可能性に留意し確認や対処を怠らない事が大切です。

キッチンの排水口がつまる原因6つ

①油汚れが付着したままになっている

料理の際に使用した油は調理器具や食器に付着しています。油汚れは水に溶けず、そのまま排水口内へ流れ込んでしまうと各所にこびりつき固まります。固まった油の壁面に汚れが蓄積することでつまりの原因となるのです。

②食材のカスや食べ残し

調理中に発生した食材のカスや残り、食事の際に食べ残したものによってつまりが発生する事があります。排水口やその先に続く排水管の幅は広くありません。野菜の皮や魚の骨、食べ残しや油汚れが時間を掛けて排水口内に溜まり、つまりを助長する要因になってしまいます。

③洗浄剤のカス

食器洗浄のために使用する洗剤や石鹸もつまりの原因となり得ます。洗浄剤の成分はすべて水に溶けるわけではありません。洗浄中に使用した洗浄剤の成分が排水口内に蓄積し、他の油汚れや食材の残りと結合する事で固形化します。固形化した汚れが排水口内部(排水管)にこびりつく事で、つまりを引き起こす原因となってしまいます。

④排水口内に落下した固形物

排水口内に小さな調理器具や調味料の蓋などを落としてしまう事でつまりが発生します。このような道具類は水に溶けず排水口内に留まり続け、何らかの方法で取り除かないかぎり、つまりを解消することはできません。

⑤排水管内の汚れ

排水口の先には排水管が繋がっています。排水口と同様に、排水管内においてもつまりが発生する可能性は十分に考えられるのです。上述した油汚れや洗浄剤のカス、食べ残しなどが原因になる場合や、排水管自体の経年劣化もつまりの要因となります。

⑥排水枡の汚れ

排水口、排水管を通った排水は排水枡に集められます。排水枡とは排水管がつまりやすい箇所に予め設けられている円筒状の器具であり、点検や清掃を行う事ができます。排水枡は汚れが溜まりやすい構造になっており、排水枡に異常が起こる事で排水口や排水管から流れてきた排水がつまってしまうのです。

つまりが起こりやすい箇所

キッチンでつまりが発生した時は、以下の3箇所を確認する必要があります。

排水トラップ

排水口のゴミ受け(バスケット)直下にある範囲の名称です。この範囲は排水管から下水の悪臭や虫などの上昇を防ぐ目的で水が溜まる構造となっています。キッチンのシンク内で使用した水は、必ず排水トラップを通り排水管へ流れ込んでいくため、様々な汚れや固形物が蓄積しやすい部位の一つです。

排水管・ホース

排水トラップから続く排水管や排水ホース内部もつまりが起こりやすい部位です。排水トラップと同様に、油や洗浄剤の汚れや食材の残り、固形物がつまりやすく、狭い管の中を通る水の流れを妨げてしまう事が考えられます。

排水枡

キッチンの排水口ではありませんが、排水枡もつまりが発生しやすい箇所の一つです。排水口内部でつまりの原因が特定できない時は、排水枡がつまっている可能性もあります。戸建て住宅では、屋外敷地内部に排水枡が設置されて事例が多いでしょう。

自分でできるキッチンつまりの対処方法

実際につまりが発生した際に、自分で可能な対処方法をつまりの内容別に解説します。

【事前準備】

具体的な対処に入る前に、排水口の蓋、ゴミ受け(バスケット)は外しておきましょう。汚れている場合には清掃が必要です。

対処法1:水圧で押し流す

排水口にお湯を勢いよく流し込む事でつまりの原因ごと取り除きます。油汚れや洗浄剤カスなど、軽度の汚れに効果的な方法です。

方法】

  1. 市販されているタオルの片側を排水口の中に詰め、反対側をシンクの外に垂らす
  2. シンクをお湯(40°〜50°程度)で満たす
  3. お湯が溜まったシンクからタオルを引き抜く

【道具】

  • タオル
  • お湯

対処法2:液体パイプクリーナーを使用する

排水口内部の汚れや垢を溶かすことのできる洗浄剤です。汚れの特性により効果的な成分に違いがあり、つまり箇所や原因によって使い分ける事ができます。キッチンの排水口には、油汚れに強い「水酸化ナトリウム」配合の液体クリーナーがおすすめです。

【方法】

  1. 液体パイプクリーナーを排水口に流し込む(用法・容量の詳細は、各商品のラベルを参照)
  2. 20〜30分程度放置して様子を見る
  3. 水を流し込んで液体パイプクリーナーを洗い流す

道具】

・液体パイプクリーナー

対処法3:重曹とクエン酸(お酢)を使用する

弱アルカリ性の重曹には油汚れを落とす効果があり、酸性のクエン酸には石鹸カスなどの汚れを落とす効果が期待できます。クエン酸はお酢で代用することも可能です。

【方法】

  1. ぬるめのお湯を排水口にかける
  2. 重曹を排水口に流し込む(150〜200cc程度)
  3. クエン酸を流し込む(重曹の半分程度も分量が目安)
  4. ぬるめのお湯を少しだけ注ぎ、30分程度様子を見る
  5. お湯で洗い流す

【道具】

  • 重曹
  • クエン酸
  • お湯

対処法4:ラバーカップを使用する

清掃用具であるラバーカップを用いてつまりを吸引する方法です。固形物がつまっている場合に有効な方法の一つです。

方法】

  1. シンクに水を適量まで溜める
  2. 排水口を包み込むようにラバーカップを被せ、押し込む
  3. 一気に引き抜く。①〜③を複数回繰り返す

道具】

・ラバーカップ

対処方法5:ワイヤー式パイプクリーナーを使用する

ワイヤー式パイプクリーナー(ブラシ)とは、排水管などの狭い配管内部を清掃するための道具です。ワイヤーの先端に取り付けられた螺旋状のヘッドを利用して汚れや垢を取り除きます。

方法】

  1. ワイヤー式パイプクリーナーを排水口から差し込む
  2. ワイヤーを回転させながら、排水口壁面の汚れや垢を取り除く
  3. 汚れを回収する。①〜③を複数回繰り返す

【道具】

・ワイヤー式パイプクリーナー

対処方法6:排水トラップを清掃する

排水トラップ内につまりが発生している際に最も確実な方法です。排水管を外し、内部を清掃します。作業前には必ず止水栓と元栓を閉めておきましょう。止水栓は排水口の近くに設置されており、元栓は屋外の電気メーターの中や、玄関脇の扉内部に設置されている事が多いでしょう。

【方法】

  1. キッチン下部にある扉を開き、排水トラップ本体と排水管(ホース)を固定しているナットを脱着する(素手で取り外せるタイプがほとんどですが、外しづらい場合にはトラップ用のスパナを使用する)
  2. 排水トラップ上部を固定しているナットを脱着する
  3. 外れた排水トラップを持ち上げ、排水口から取り出す(トラップ内に水が溜まっている事に注意)
  4. トラップ内を清掃し、シンク側から排水口に向かって排水トラップを降ろす
  5. 排水トラップ上部を固定していたナットを装着する
  6. キッチン下部側から、排水トラップと排水管(ホース)を繋ぎ、ナットを装着する

道具】

  • ドライバー
  • 排水トラップ用スパナ
  • モンキーレンチ

キッチンの”つまり”は日常的に予防しよう

食材の残りや油を流さない

調理のゴミや食べ残しなど、大きな固形物を排水口に流してはいけません。必ずゴミ袋に捨てるようにしてください。また、油は排水口や排水管をつまらせる大きな要因です。個別に処理し、なるべく排水口や排水管に流れていく油の量を減らすようにしましょう。

ゴミ受けネットホルダーを使用する

市販されているネットホルダーやゴミ受けを利用する方法です。排水口に取り付ける事でゴミや汚れを効率よく回収する事ができます。洗えるタイプや使い捨てタイプなど種類も豊富に展開されており、つまり予防におすすめのアイテムです。

定期的な清掃

様々な対策を講じても汚れは蓄積していきます。排水口内を清潔に保つためには定期的な清掃が欠かせません。上述した液体パイプクリーナーや重曹、クエン酸を用いた方法であれば、手間をかけずに清掃する事が可能です。

手に負えないつまりは専門業者へ依頼

自己対処が不安な場合や、つまりの原因が特定できない時には専門の業者に依頼しましょう。修理費用は業者により異なりますが、以下におおよその費用相場をご紹介します。

キッチンの排水口つまりにおける費用相場

     状態    修理内容   費用
軽度のつまり排水口、排水トラップ周りなど7,000円程度
中度のつまり排水管・ホース、固形物除去など1,0000円程度
重度のつまり油汚れの蓄積など(トーラーなどの特殊な道具が必要なつまり)15,000〜20,000円程度
最重度のつまり高圧洗浄機が必要なつまり 30,000円〜40,000円程度

※専門業者に依頼する際には、出張費や部品交換など、その他の費用が発生する場合があります。詳細は各専門業者にご確認ください。

「水道救急車」に依頼する場合の費用

     状態    修理内容  費用
軽度のつまり排水口、排水トラップ周りなど※見積無料
中度のつまり排水管・ホース、固形物除去など※見積無料
重度のつまり油汚れの蓄積など(トーラーなどの特殊な道具が必要なつまり)※見積無料
最重度のつまり高圧洗浄機が必要なつまり ※見積無料

まとめ

一概にキッチンのつまりといっても原因や対処方法は様々です。水の流れに異変を感じたら、まずはつまりの原因や箇所を探ってみましょう。

この記事で取り上げた6つの対処方法は、いずれも排水口のつまり対策として効果的なものばかりです。つまり対処は正しい方法で実践する事ができれば一定の効果を得る事ができます。自分でつまり対策を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。