蛇口がつまったらどうする?  原因・対策・予防をまとめて解説

水周りトラブル解決

水道を使おうと蛇口を捻ったら水が出ない。そんな時は、蛇口に何らかのトラブルが起きている可能性があります。この記事では、数ある水道トラブルの中でも、蛇口のつまりが原因で水が出なくなった時の対処方法を解説します。

まずは状況を確認する

蛇口から水が出てこない場合、まずは原因を見極めなければなりません。水が出ない原因は様々であり、必ずしも蛇口のつまりとは限りません。落ち着いて、以下の可能性を精査しましょう。

元栓と止水栓の状態

住宅内には、水の供給をコントロールするための、元栓と止水栓が設置されています。元栓と止水栓のいずれかかが閉じられている場合、蛇口からの吐水はできません。蛇口から水が出ない時には、元栓と止水栓の状態を確認しましょう。

【元栓・止水栓の場所】

元栓止水栓
戸建て住宅敷地内の地面にあるメーターボックス内など            室内の蛇口から繋がる給水管の途中など
集合住宅玄関脇の扉内部など

【開閉方法】

  • 開:反時計回り(左回し)に動かす
  • 閉:時計回り(右回し)に動かす

断水の可能性

災害や近隣の水道管トラブル、工事や点検などの際には、一時的な断水が発生することがあります。原因は蛇口のつまりではありません。周辺状況を把握し、給水復帰を待ちましょう。

凍結被害

厳冬期における寒冷地では、水道管などの配管が凍結することがあります。凍結による一時的な吐水不良であり、蛇口のつまりではありません。水道管凍結予報など、情報確認を怠らないことが大切です。

蛇口のつまりの原因

考えられる可能性を精査し、原因が特定できない場合には蛇口のつまりを疑いましょう。蛇口をつまらせる主な原因は、以下の通りです。

整流器・泡沫金具の汚れ

蛇口の先端には、整流器や泡沫金具と呼ばれる器具が取り付けられています。これらの器具は、水流の調整や、蛇口内部の付着物を取り除く役目を担っています。水道水にはナトリウムやカルシウムなど多くの成分が内包されており、成分が蛇口内部に蓄積することで、つまりの原因を作ります。

ストレーナーの汚れ

ストレーナーは、主に壁付混合水栓に使用されている部品であり、水を濾過し、異物を取り除く役目を担っています。止水栓がある混合水栓では、左右二ヶ所に使用されています。ストレーナーには、蛇口を使用する度にゴミや異物が堆積していきます。堆積した内容物がストレーナー本来の役割を妨げることで、蛇口のつまりが発生します。

その他の部品の動作不良

蛇口内部は様々な部品で構成されています。多くの部品は消耗品であり、劣化や摩耗によって水漏れやつまりを誘発する可能性があります。中でも、パッキンやバルブカートリッジ 、開閉バルブユニットは、水流に影響が起こりやすい部品です。これらの部品の動作不良により、つまりが発生します。

自分で解決する方法

つまりの原因が蛇口内の部品にある場合、部品を清掃、交換することで解決できます。蛇口内部の部品を取り出して清掃しましょう。部品保本体に劣化や摩耗が確認できる時には、新しい部品と交換する必要があります。

【必要な道具】

  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチ
  • 歯ブラシ・ブラシ
  • 雑巾 など
  • 新しい部品(形状や型番に注意)

整流器・泡沫金具の清掃・交換方法

  • 蛇口の先端部分を反時計回り(左回し)に動かし、本体から脱着する
  • 取り外した部品を種類ごとに分ける(泡沫キャップ、整流アミ、パッキン、吐水口キャップなど)
  • 歯ブラシなどを利用して汚れや水垢を落とす。または新しい部品を装着する
  • 周辺部品を装着し、吐水状況を確認する

ストレーナーの清掃・交換方法

  • 左右に取り付けられている止水栓(水量調節弁)を閉める(時計回り・右回し)
  • 工具を使用して、止水栓を囲うローレット部分(ローレット加工がされていない場合もある)を脱着する
  • 内部のストレーナーを取り出し、清掃する。または新しい部品を装着する
  • 周辺部品を装着する
  • 左右に取り付けられている止水栓(水量調節弁)を開く(反時計回り・左回し)
  • 吐水状況を確認する

自分で解決できない場合には

つまりを解消するためには、原因の特定と部品の清掃、交換が必要になります。これらの作業には、少なからず手間やコツが必要です。また、パッキンやバルブカートリッジ 、開閉バルブユニットなどに異常がある場合には、原因ごとに異なる作業が必要になります。その他にも、想定できない原因が隠れているかもしれません。

自力解決に不安がある場合には、専門の水道業者を利用しましょう。専門業者であれば、つまりの原因を突き止め、確実に解決することができます。

つまりの予防策

蛇口のつまりには、日々の予防策が効果的です。すぐに実践できる方法をご紹介します。

定期的な清掃

蛇口内部の汚れや水垢は、長い期間を掛けて少しづつ堆積していきます。定期的に清掃を実施することで、汚れや水垢を防ぎましょう。

長期間の放置を避ける

使用頻度の低い蛇口は劣化しやすく、汚れやゴミも溜まります。定期的な吐水を実施し、つまりの危険性を軽減しましょう。

部品の交換時期を把握する

蛇口内部に使用されている部品は消耗品です。それぞれの部品の寿命は、およそ5年〜10年程度といわれています。部品の交換時期を記録し、定期的な交換を行うことで、つまりを予防することができます。

まとめ

蛇口のつまりは様々な要因によって発生します。つまりの対処は自力で行うことも可能ですが、専門の業者を利用する方法もあります。状況に合わせて、対応方法を決定しましょう。