自宅の蛇口から水漏れ!自分でできる対処方法を解説

水周りトラブル解決

水回りトラブルの中でも比較的起こりやすい水漏れ。家の中にはキッチンやトイレ、浴室や洗面所など水漏れが懸念される箇所が数多くあるため、常にトラブルの危険性を孕んでいます。

実際に水漏れが発生した場合、対処せずに放置しておくと大惨事になりかねません。

この記事では、水漏れの中でも代表的な原因の一つである「蛇口(水栓)」からの水漏れに関して、自分でできる対処方法を解説していきます。

蛇口の水漏れが起こる原因

蛇口の主な水漏れ原因としてまず考えられるのは、蛇口内部に使用されている各種部品の経年劣化です。

口内部は多くの部品によって構成されており、それぞれの部品は消耗品です。

これらの部品を長い期間使い続けたことにより内部の部品が経年劣化し、結果として劣化部分からの水漏れが発生します。

ただし、蛇口からの水漏れすべてが各種部品の経年劣化とは限りません。水漏れの原因次第では自力での対処が難しい場合もありますが、いずれの場合でもできる範囲で最善の対処を試みる必要があります。

水漏れ防止の応急処置

自宅で使用する蛇口から水漏れが発生した場合には、早めの処置が必要です。

【自分でできる応急処置手順】

1.水漏れしている蛇口を閉める

水漏れを確認した蛇口を確実に閉じます。

2.止水栓を閉める

各住居の水道設備には、通常の蛇口(水栓)以外に水量の調整や水を止めるための「止水栓」が設けられています。多くは蛇口直下の収納内などに設置されており、水漏れを起こしている箇所の止水栓を閉じることで、さらなる漏水を防ぐことができます。

【注意点】

止水栓にはいくつかの種類があり、各住居により使用されている止水栓が異なります。

  • 手で握る部分が付属するハンドルタイプ
  • 握り部分がないタイプ

一般的にはこの2種類が主流であり、握り部分がないタイプの止水栓の開閉にはマイナスドライバーが必要です。

3.元栓を閉める

止水栓を閉めることで水漏れを防ぐことはできますが、元栓を閉めておくことでより安全に応急処置を行うことができます。元栓の位置は各住居によって異なり、戸建住宅では屋外の水道メーターボックスの中にあることが多く、集合住宅では玄関脇の扉内部に設置されていることが一般的です。

漏れの確認方法

水道メーターを確認する

本当に水漏れが起こっているのか見極めたい場合には、「水道メーター」を確認してください。

水道メーター内にはパイロット(銀色の中央に赤い点がある円形のもの)と呼ばれる部品があり、水漏れしている場合にはパイロットが回転しています。

また、家の中にある止水栓を一箇所ずつ閉じ、その都度パイロットを確認することで正確な水漏れ箇所を特定できます。

いざという時に水道メーターの位置がわからず困ってしまわないよう、水道メーターな事前に確認しておきましょう。

蛇口の特徴を把握しておく

一概に蛇口といっても、その種類は多岐に渡り、各住居や設置箇所によって使用されている蛇口は異なります。正しい応急処置を行うためには、水漏れを確認した蛇口の特徴を把握しなければなりません。以下に、一般家庭に設置されている代表的な蛇口をご紹介します。

単水栓と混合栓

蛇口は水、またはお湯のどちらか一方だけを吐水する「単水栓」と、一つの蛇口からどちらも吐水可能な「混合栓」に分けることができます。

また、吐水操作にハンドルが用いられているタイプでは、水用とお湯用に2つのハンドルが完備されています。吐水操作にレバーを用いるタイプでは、レバーを左右に旋回することで水とお湯を使い分けることが可能です。

浴室内に設置されている水栓にはサーモスタットタイプと呼ばれる蛇口もあり、水栓本体に温度調節ハンドルが内蔵され、ハンドルの目盛りを合わせることで好みの温度でお湯を出すことが可能です。

取り付け方法

形状と同様に、蛇口の取り付け方法にもいくつかの種類が存在します。蛇口が台(天板)に取り付けられているものは、取り付け穴の数によりワンホールタイプとツーホールタイプに分かれます。蛇口が直接壁に取り付けられているものは、壁付きタイプと呼ばれています。

蛇口は、構造や取り付け方法によって対処方法に違いがあります。水漏れを発見した際には蛇口の特徴を確認し、それぞれの蛇口に適した対処を行う必要があるのです。

設置率の高い蛇口の種類(設置箇所別)

一般家庭における設置頻度の高い蛇口の特徴を、種類と取り付け方法別にまとめました。

(※あくまでも参考としての一例です)


キッチン(台所)洗面所浴室トイレ
種類・シングルレバー混合水栓 ・ツーハンドル混合水栓 ・シングルレバー混合水栓 ・ツーハンドル混合水栓・シングルレバー混合水栓 ・ツーハンドル混合水栓 ・サーモスタット混合水栓・シングルレバー単水栓
取り付け方法・台付きワンホール ・台付きツーホール ・壁付き ・台付きワンホール ・台付きツーホール・壁付き ・台付きツーホール・台付きワンホール

【部位別】水漏れ箇所の対処方法

蛇口ごとの特徴を理解した上で、正確な水漏れ箇所を見つけましょう。蛇口には水漏れを起こしやすい箇所がいくつもあり、水漏れが起きている箇所に応じて必要な処置が異なります。

対処箇所①:先端の吐水口からの水漏れ

状態】

吐水口から一定の間隔で水が垂れ続けている

【原因】

長期間の使用による経年劣化

【対策】

ハンドル水栓:ケレップ(コマ)を新しいものに交換する

レバー水栓:カートリッジ(バルブ)を新しいものに交換する

【必要な工具】

モンキーレンチ、ピンセット

交換手順

  1. ハンドルやレバー直下に接続されているナットを外す
  2. ハンドルやレバーを胴体部分から分離する
  3. 水栓内の下部に位置するケレップ(コマ)、もしくはカートリッジ(バルブ)を取り出し、新しい部品と交換する
  4. ハンドルやレバーを取り付け、ナットを締め直す

対処箇所②:ハンドルやレバーの付け根からの水漏れ

【状態】

ハンドルやレバーと胴体部分の接続部から水が染み出してくる。根本に水が溜まる

【原因】

長年の継続使用に伴う内部部品の摩耗と劣化

【対策】

水栓の胴体内部に使用されている水栓パッキンを新しいものに交換する

【必要な工具】

モンキーレンチ、ピンセット、六角レンチ

交換手順

  1. ハンドルやレバーと胴体部分を接続しているナットを外す
  2. ハンドルやレバーを胴体部分から取り外す
  3. 水栓内のナット直下にある水栓パッキンを取り出し、新しい部品と交換する
  4. ハンドルやレバーを取り付け、ナットを戻す

対処箇所③:パイプの根本からの水漏れ

【状態】

水栓と水栓パイプを接続する部位から水が漏れ出してくる。蛇口を閉じても水が垂れる

【原因】

パイプと水栓内部を繋ぐUパッキンが長期間の可動によって痛んでいる

【対策】

Uパッキンを新しいものに交換する

【必要な工具】

モンキーレンチ、ピンセット

交換手順

  1. 水栓の胴体部分とパイプを繋いでいるナットを取り外す
  2. 水栓の胴体部分からパイプを外す
  3. 内部のUパッキンを取り出し、新しい部品と交換する
  4. パイプを胴体部分に接続し、元の状態に戻す

対処箇所④:シングルレバー混合水栓における吐水口からの水漏れ

【状態】

シングルレバータイプのパイプ先端から絶えず水が垂れる

【原因】

水栓内部にある水とお湯を混合するバルブカートリッジの機能不全

【対策】

バルブカートリッジを新しいものに交換する

【必要な工具】

六角レンチ

交換手順

  1. 水栓本体からシングルレバーを取り外す
  2. 内部にあるカートリッジ押さえと、バルブカートリッジを取り出す
  3. 新しい部品に交換する
  4. シングルレバーを固定する

対処箇所⑤:水栓と壁の間からの水漏れ

【状態】

壁面と水栓の接続部から水が染み出している。水が滴り落ちる。

【原因】

水栓と配管を繋ぐネジ部分に取り付けるシールテープが劣化している

【対策】

シールテープを巻き直す

【必要な工具】

水栓レンチ

交換手順

  1. 水栓レンチを使用して壁から水栓本体を取り外す
  2. 配管内の汚れや水垢、古いシールテープの残骸などを丁寧に除去する
  3. 水栓本体に巻かれている古いシールテープを取り外す
  4. 新しいシールテープを巻き直す(時計回りにきつく巻く。5〜10巻き程度)
  5. 水栓レンチを使用して水栓本体を取り付ける

対処箇所⑥:サーモスタット混合栓シャワーホース根本からの水漏れ

【状態】

水栓とシャワーホースの接続部から水がポタポタと垂れる

【原因】

シャワーホース内に使用されているパッキンが経年劣化している

【対策】

新しいパッキンに付け替える

【必要な工具】

モンキーレンチ

交換手順

  1. 水栓本体とシャワーホースの接続部にあるナットを緩め、シャワーホースを取り外す
  2. 内部にあるパッキンを取り外す
  3. 新しいパッキンと交換する
  4. シャワーホースを接続する

対処箇所⑦:シャワーヘッドとホース接続部からの水漏れ

【状態】

シャワーヘッドとホースの接続部から水が漏れ出す

【原因】

シャワーヘッド内にあるOリングが経年劣化している

【対策】

Oリングを新しいものに交換する

【必要な工具】

なし。硬い場合にはモンキーレンチを使用。

交換手順

  1. シャワーヘッドをホースから取り外す
  2. 内部にあるOリングを取り外す(上部に接続されていることが多い)
  3. 新しいOリングと交換する
  4. シャワーヘッドとホースを接続する

水漏れ対処に必要な下準備

水漏れの具体的な対処方法を解説してきましたが、水漏れ箇所を処置するためには蛇口内部の交換用部品や、部品を取り付けるための工具が必要になります。

・ケレップ(コマ)

水をせき止めるために必要な部品です。ハンドルやレバーを動かすとケレップが連動し、上下に移動することで吐水と止水の役割を担います。蛇口を使用する際には必ず負荷がかかることから、劣化しやすい部位の一つです。

・水栓パッキン

ゴム製の輪っかのような形状をしている部品です。蛇口内部を構成する各種部品の連結部に使用され、隙間からの水漏れ防止を目的とした重要な部品です。蛇口に使用される部品の中でも交換頻度が高く、パッキンが使われている部位は水漏れの原因になりやすい箇所と考えられています。

・Uパッキン

吐水口と蛇口の胴体部分に使われている部品です。形状は円形ですが、断面がU字になっていることからUパッキンと呼ばれています。ゴム素材で作られていることで劣化しやすく、蛇口の根元から水漏れする事例のほとんどはUパッキンの劣化が原因です。

・Oリング

O型のパッキンをOリングと呼びます。円形で起伏がなく、浴室の蛇口に使用されることが多い部品です。その他のパッキンと同じようにゴム素材で作られており、経年によって劣化していきます。劣化したOリングを使用し続けることで水漏れ発生の原因を作ります。

・カートリッジ

レバータイプの蛇口では、吐水や止水、水とお湯の切り替えはレバーを上下左右に動かすことによって行います。これら一連の動作を行う際に必要になる部品がカートリッジです。レバータイプの蛇口の吐水口から水が垂れる場合には、高い確率でカートリッジの不良が原因といえます。

・シールテープ

配管同士の隙間を埋める際に使用するテープです。独立した配管同士の接続部は完全に密着させることが難しく、わずかな隙間が生じます。シールテープはテフロン(ポリテトラフルオロエチレン)と呼ばれるフッ素樹脂素材で作られており、配管接続部に巻きつけて使用することで漏水防止効果を期待できます。

購入時の注意点

蛇口に使用されている部品の種類は多岐に及び、同一部品であってもサイズや型番が異なるものも存在します。交換処置の際に誤って異なる部品を選択してしまった場合、その後の使用に支障をきたす可能性があります。交換部品購入の際には、現在使用されている部品と確実に同じものを購入するようにしましょう。

工具・道具類

モンキーレンチ

下顎(ナットやボルトを挟む部位)を調節することで、様々なサイズのナットやボルトを締めたり緩めたりする際に必要な工具です。蛇口胴体部に使用されているナットを緩める際などに便利です。

スパナ

モンキーレンチと用途は似ていますが、スパナはサイズ調節ができません。蛇口の水漏れ対策に使用する際にはモンキーレンチがない場合の代用品と考えておきましょう。

水栓レンチ

主に壁付けされている単水栓を取り外す際に使用する工具です。蛇口に引っ掛け本体を回すためのフックを思わせる独特な形状が特徴的です。

六角レンチ

正六角形型のボルトやネジを締めたり緩めたりする際に必要です。六角型のボルトやネジはレバータイプの蛇口に対する使用頻度が高く、レバーを取り外す際に必要になります。様々なサイズがまとまったセットタイプを所持しておくと便利です。

ウォーターポンププライヤー

挟む工具の中でも、水道やガスの工事に特化した工具がウォーターポンププライヤーです。顎部分にはボルトやナットを掴むために滑り止めが付属しており、工具が必要な作業には幅広く対応することができます。

ドライバー類

主に止水栓を締めたり緩めたりする際に使用します。蛇口周りにおける出番は多くありませんが、旧式の蛇口にはプラスネジやマイナスネジで固定されているタイプも存在します。念のために準備しておくと良いでしょう。

ピンセット

蛇口内部には手で取りづらい小さな部品も使用されています。部品の着脱の際にピンセットがあると便利です。

その他

工具以外には配管内を掃除するためのブラシや、手袋、蛇口内部や配管周りの残留水を拭き取るタオルなどを用意しておきましょう。

自己修理が難しい事例

蛇口からの水漏れの原因は様々であり、すべてのトラブルを自分自身で解決することはできません。状況次第では専門の修理業者に依頼する必要があります。自己対応が難しい事例をまとめました。

1.蛇口の設置後10年が経過している場合

蛇口の寿命は10年前後とされています。使用頻度により違いはありますが、取り付けから10年以上が経過している場合には、内部の部品だけでなく蛇口本体の劣化が考えられます。本体の交換には時間と手間がかかるため、自己修理は難しいものと考えてください。

2.自己修理が不安な場合

自己修理は、ある程度日曜大工に慣れている人向けの作業です。作業に自信がない場合、無理に修理を行う必要はありません。少しでも不安な場合には、専門の業者に依頼することをお勧めします。

3.水漏れの原因がわからない場合

自分自身で原因が特定できない時は専門の業者に依頼しましょう。

4.センサー式の蛇口の場合

直接蛇口に触れることなく吐水や止水が可能なセンサー式の蛇口は、蛇口の締め忘れがなく安全な蛇口とされています。ですが、内部には一般的な蛇口にはない精密機器が使用されており、自己修理はかなり困難を極めると考えてください。

5.交換部品が手に入らない場合

蛇口に必要な部品は日々新しい製品が開発、製造されています。古い部品や同品番のパーツは、販売からの時間経過によって手に入らなくなることも考えられます。必要な部品を入手できない時は、専門の業者に依頼することで代替え部品を使用した修理が可能になることもあるでしょう。

6.蛇口本体を取り替える場合

部品の交換が困難であったり、蛇口に破損や劣化が認められる場合には、本体ごと新品の蛇口に交換する必要があります。本体の交換は特定の部品交換に比べて手間のかかる作業です。修理のリスクも高くなることが懸念されるため、専門業者の利用がベストです。

水漏れを業者に依頼した場合の費用相場

水漏れ修理を専門業者に依頼する際、気になるのは費用面です。以下に蛇口の設置場所や修理内容ごとの相場をご紹介します。

       修理内容       費用相場
キッチン蛇口の部品交換・調整6,000円〜16,000円程度
キッチン蛇口の本体交換20,000円〜50,000円程度
洗面所蛇口の部品交換・調整5,000円〜15,000円程度
洗面所蛇口の本体交換20,000円〜40,000円程度
浴室蛇口の部品交換・調整10,000円〜20,000円程度
浴室蛇口の本体交換20,000円〜50,000円程度
トイレ蛇口の部品交換・調整5000円〜15,000円程度
トイレ蛇口の本体交換15,000円〜30,000円程度

業者の費用には修理費や部品・本体代金以外にも、出張費などのオプション費用が発生する場合があります。また、センサー式蛇口やサーモスタット蛇口などを設置している住居では、修理費用が高くなることがあります。費用の詳細は各水漏れ専門修理業者によって際があります。料金プランをよくチェックしておきましょう。

水道救急車に依頼して直す場合の相場

水道救急車の料金
キッチン 3000円~ ※見積無料
洗面所
浴室
トイレ

自分でできる蛇口の水漏れ予防策

水漏れリスクを少しでも軽減するためには日々の予防対策が肝心です。定期的に確認したいポイントを把握しておきましょう。

①蛇口のハンドルやレバーは適度に締める

蛇口内部に使用されているパッキンなどのゴム製部品は、継続的な圧力が加わることで変形、摩耗します。ハンドルやレバーを締める際は、吐水口から水が垂れてこなければ問題ありません。そのため、極端に強く締めておく必要はありません。

②ボルトやナットの緩みを点検する

各部品の接続部に使用されているボルトやナットは、内部構造を確認しなくても締まり具合を目視することができます。緩んでいる場合には工具を使用して締め直しましょう。

③水流や水量を確認する

ハンドルやレバーを回しているにも関わらず、普段よりも水流が弱い、吐水量が少ないと感じる場合には吐水口以外からの水漏れを疑うことができます。異変を察知した際には、蛇口や蛇口周辺を確認しましょう。

④水が止まるまでの時間を測る

蛇口が正常に機能している際には、ハンドルやレバーを絞めた瞬間に止水します。ハンドルやレバーを絞めてから完全な止水までに時間がかかるようであれば、内部部品の経年劣化や摩耗を疑うことができます。

⑤水道料金をよく確認する

蛇口の水漏れは水量こそ多くありませんが、気づかずに長期間放置してしまうことで結果的に水道料金が上昇します。過去の水道料金の平均請求額と比較し、明らかに代金が上昇している場合には水漏れの可能性があります。

まとめ

日常生活における水回りトラブルの中でも非常に発生率が高い蛇口の水漏れ。ですが、ある程度の事前知識を持っていれば、内部部品の交換などの修理や応急処置は自分自身で行うことができます。

状況次第では専門業者に修理を依頼する必要もありますが、いずれの場合であっても水漏れは何らかの手を打たなければ改善することはありません。住居内で水漏れを発見した場合には、迅速かつ適切な対応ができるように準備しておきましょう。