お風呂の水の流れが悪いのはなぜ? 確認すべきポイントと原因を解説

水周りトラブル解決

浴槽に溜めたお湯の排水が円滑に進まない、あるいは排水に普段より時間がかかってしまうなどの症状が現れた場合、排水口内で何らかの異常が発生している可能性があります。

この記事では、お風呂内の排水口に異変を感じた際に確認しておくべきポイントとその原因を解説します。

水の流れが悪い原因は排水口内の「つまり」

浴槽からの排水が滞る場合に考えられる原因の多くはつまりです。排水口内には生活用水を流すための排水管が通っており下水管に繋がっています。

水の通り道である経路上につまりが発生することで円滑な水の流れが阻害され、排水に支障が出ている可能性があるのです。

【排水口内をつまらせる主な内容物】

  • 体毛(髪の毛やひげなど)
  • 皮脂
  • 洗浄剤のカス
  • 異物(アクセサリーやおもちゃなど)

これらの内容物は日々の入浴によって排水口内に滞留していきます。そして排水管内の壁面などにこびりつき排水を妨げるよう作用します。

排水口内の仕組み

排水口内の汚れやゴミを確認するためには排水口の基本構造を理解しておく必要があります。

一般的な住宅における排水口は洗い場側と浴槽側の2箇所に設置されており、洗い場側の排水口には排水トラップと呼ばれる下水道からの悪臭や害虫などの侵入を防ぐための構造が採用されています。トラップ内は多くの部品で構成され(詳細は後述)、排水トラップは排水管と繋がりその先の下水道へ続いていきます。

一見するとすべて同じように見える排水口ですが、内部構造は建物によって違いがあります。

排水口が共有されているタイプ

洗い場側と浴槽側の排水口が内部で繋がっている構造です。浴槽側の排水は洗い場側の排水口に合流し、排水管へと流れていきます。

排水口が独立しているタイプ

洗い場側と浴槽側の排水口がそれぞれ独立している構造です。別々に延びた排水管は地中で合流し、下水道へ流れていきます。

排水トラップの種類

排水口内の構造である排水トラップにはいくつかの形状があり、各住宅によって種類が異なります。

椀トラップ

着脱式のお椀のような被せ物が特徴的な排水トラップです。被せ物と周りを満たす水によって悪臭と害虫の侵入を防いでいます。

ドラムトラップ

円柱形状であり、悪臭や害虫を防止するために使用する水の貯蓄量が最も多いトラップです。一般住宅では浴室などにドラムトラップが採用されています。

管トラップ

排水管と一体になったトラップです。排水管の経路をカーブさせ、窪みに水を溜めることで悪臭や害虫に対処します。

異変を感じたらチェックすべき箇所

排水口内でつまりが発生しやすいポイントは決まっています。浴槽からの排水に違和感を覚えた際には以下の点を重点的に確認しましょう。

排水栓や排水口の周辺

浴槽に使用されている排水栓はポップアップ式と呼ばれる開閉タイプとゴム栓式の2種類が主流です。排水栓や排水口周辺は汚れやゴミが最初に流れ込む部位であり、つまりの原因となりやすい箇所です。

視認が容易く汚れの有無も確認しやすいため真っ先に確認することをおすすめします。

排水トラップ

排水トラップ内も確実に確認しておきたいポイントです。排水トラップはいくつかの部品で構成されており、個別に分解することができます。トラップの種類により構成部品は異なりますが、主な部品に違いはありません。

【排水トラップの主な部品】

  • 排水カバー
  • ヘアキャッチャー
  • 排水椀
  • 排水筒
  • 排水ピース
  • ゴムパッキン など

排水トラップ内を構成するこれらの部品を取り出してひとつ一つ確認しましょう。内部の部品に汚れやゴミが絡みついている可能性があります。

排水管

排水口や排水トラップの奥へ続く排水管内にも注意が必要です。ただし、浴室の排水管は視認することが難しく状態を把握できないかもしれません。懐中電灯などを用いて見える範囲だけでも確認してみましょう。

排水枡

排水管と下水道の間に設けられた汚れやゴミを貯めておく構造物です。浴室内に異変を確認できない場合には排水枡を確認してみましょう。戸建て住宅の場合には、屋外の敷地内に排水枡用の点検口が設置されています。(集合住宅では個人による確認は難しいかもしれません)

流れの悪さを解消するには

実際につまりを発見した場合には何らかの対処が必要になります。具体的な解決方法は2つです。

自力で解消する

つまりによる排水不良は自分自身で対処することができます。対処方法はつまりが発生している箇所や内容物によって異なるため、適切な手段を選択する必要があるでしょう。具体的な対処方法については以下の記事をご参照ください。

専門の業者に依頼する

排水が滞る原因がはっきりしない場合や、具体的な箇所を特定できない時は専門の水道業者に依頼することも可能です。確実に問題を解決したいときには利用すると良いでしょう。

まとめ

浴槽の水の流れを滞らせる原因の多くは排水口内のつまりです。自宅の排水口の構造を理解し、日頃から確認しておくことで有事の際に原因を発見しやすくなります。実際の対処には自分自身が最も有効であると判断した方法を選択しましょう。