お風呂の排水口から水が逆流! 考えられる原因と然るべき対処法を解説

水周りトラブル解決

お風呂(浴槽)の排水口から溢れ出してきた水は逆流によるものです。お風呂場の逆流現象にはいくつかの原因が考えられ、発生した際には的確な判断と迅速な対応が必要です。この記事では、逆流の原因と具体的な対処方法を解説します。

逆流を発生させる要因

浴槽からの逆流には3つの原因が考えられます。

1:排水口内のつまり

排水口内には毎日大量の水やお湯と共に様々な内容物が流れていきます。目には見えない排水口内部は特殊な構造となっており、汚れや異物が蓄積することで水量を阻害し逆流現象が発生します。

2:下水道の許容量オーバー

排水口から繋がる排水管はその先の下水道へと通じています。筒状の配管である下水道は一度に流すことのできる汚水の量に限界があります。

各住宅から日常的に排出される汚水程度では問題ありませんが、大雨や台風などの自然災害発生時には一時的に下水道へ流れ込む汚水の量が増加します。許容量を超えた汚水は排水口へ逆流する現象を誘発するのです。

3:排水管の劣化や故障

排水整備がなされてから年数が経過している場合や、建物自体の老朽化などにより排水管の品質が低下したことで逆流現象が起こる事例があります。

第1要因である「つまり」のメカニズム

浴槽をつまらせる原因の中で最も多いものはつまりです。通常お風呂場には浴槽と洗い場の両方に排水口が設けられています。排水口は内部で繋がっているタイプとそれぞれ独立しているタイプの2種類が存在し、どちらのタイプも内部でつまりが発生することによって円滑な水の流れが滞り逆流現象が起こるのです。

つまりの内容物

排水口内部をつまらせる原因はゴミや汚れです。

体毛

髪の毛やひげなど、洗浄中に抜け落ちた体毛が排水口内部に溜まってつまりを誘発します。中でも髪の毛は毎日数十本抜け落ちることから、日々大量の髪の毛が排水口内に流れ出しています。

体の油汚れ

全身に溜まった皮脂も体毛同様に流れ出しています。皮脂は水に溶けづらく、少しづつ排水口内の壁面にこびりつき水流を妨げます。

洗浄剤のカス

石鹸や体を洗浄するための様々な製品にも水に溶けづらい成分が配合されています。流しきれなかった成分が残りカスとして排水口内に蓄積し、つまりを誘発します。

異物

本来流すことのできない物が排水口内に留まることで発生するつまりです。洗面用具やアクセサリー、子供のおもちゃなどが考えられます。

つまりが起こりやすい箇所

浴槽内においてつまりの危険性が高い箇所は以下の4つです。

排水栓

浴槽の蓋の役目を担う排水栓には汚れが溜まります。排水栓の本体周りや、浴槽との接続部であるシャフトの周辺に付着した汚れがつまりの原因となります。

排水口

浴室内の汚れが最初に流れ込む箇所であり必然的につまりの原因となりやすい部位です。つまりの内容物が大量に蓄積します。

排水トラップ

洗い場側の排水口直下には排水トラップと呼ばれる仕組みが採用されています。排水トラップとは下水道からの悪臭や配管を伝ってくる害虫の侵入を防ぐために設けられている構造です。

排水トラップは様々な部品から成り立っており、経年使用による汚れの付着によってつまりを引き起こしやすい部位です。

排水管

排水トラップの奥へ続く排水管内も汚れや異物のつまりやすい部位です。特に浴槽側の排水口には排水トラップが設置されておらず、排水管内に直接汚れが流れ込む頻度が高くなります。

排水口のつまりに関してはこちらの記事もご参照ください。

逆流が発生した際の対処方法

浴槽内に水の逆流を認めた際には、逆流を引き起こしているつまりの原因を取り除く必要があります。実践しやすい対処方法をご紹介します。


吸引力で吸い出す

ラバーカップ(掃除に使用する道具)や真空式パイプクリーナーを使用してつまりを吸引する方法です。排水口に密着させ引き抜く運動を繰り返すことでつまりを解消します。使用の際には排水口内の排水栓や排水トラップを予め外しておきましょう。

洗剤

市販されている洗剤の中には塩素系の成分が含有された製品があり、体毛や洗浄剤のカスに対する溶解効果を期待することができます。排水口から流し込むだけという手軽な使用方法も利点です。

重曹とお酢(クエン酸)

弱アルカリ性の重曹と酸性のお酢(クエン酸)を混ぜ合わせることで発生する炭酸ガスには汚れを落とす効果が認められています。2:1程度の比率で排水口に流し込み数十分放置します。様子を見て洗い流しましょう。

注意点

重曹およびお酢(クエン酸)と塩素系洗剤を混ぜ合わせたり、同時に使用してはいけません。体にとって有害なガスが発生する危険性があります。つまりを解消する際にはどちらか一方の方法に限定してください。

ワイヤーブラシ

針金式のワイヤーを排水口から差し込みつまりを掻き出します。上述の対処とは異なり、物理的につまりを解消する方法です。

日常的な予防の重要性

つまり原因の多くは日常的な継続使用により排水口内に蓄積した汚れです。つまりの発生率を下げるためには日頃からこまめな掃除や管理が必要不可欠です。排水栓や排水口周り、および排水トラップなどの掃除を定期的に行いつまりを予防しましょう。

掃除に関する詳細はこちらをご参照ください

まとめ

浴槽からの逆流の多くは排水口内のつまりが原因です。つまりは自力で解決可能な事例もあり、正しい知識を身につけておくことで対処することができます。浴槽の異変を感じた際には、この記事を参考にできる範囲で対処してみましょう。