お風呂の排水溝がつまったときはどうすればいい?自分でできる対処方法を解説

水周りトラブル解決

大量の水やお湯を使用するお風呂場は、水回りのトラブルが起こりやすい箇所のひとつです。中でも排水溝のつまりは比較的発生率が高く、何らかの対策を講じなければ状況が悪化してしまう可能性があります。

この記事では、お風呂の排水溝つまりが発生した場合を想定し、自分一人でも可能な対処方法を解説します。

こんな時は排水口の「つまり」を疑おう

お風呂の排水口内で「つまり」が発生している状況では、特定の現象を確認する事ができます。代表的な現象には、以下のようなものがあります。

  • 水やお湯がなかなか流れない
  • 水やお湯が常に溜まっている
  • 水やお湯が溢れたり、逆流してくる

上述のような現象が日常的に認められる場合には、排水溝内のどこかでつまりが発生している可能性があります。つまり特有の現象を確認したら放置してはいけません。そのまま放置すると、水漏れや排水管の損傷など被害拡大を招く危険性があります。原因を特定し、それぞれに合った対処方法を早急に実践しなければなりません。

つまりやすい箇所を把握しておく

お風呂の排水溝における具体的なつまり箇所は決まっています。つまりが気になる際には以下の箇所を最優先で確認しましょう。

排水口

お風呂で使用する水を排水するために設けられている出口です。排水口が原因となるつまりは比較的簡単に解消する事が可能です。

浴槽(バスタブ)の排水栓

排水栓とは水を止めるために設置されている栓の名称であり、排水栓内部もつまりが発生しやすい箇所の一つです。一般的な浴槽に使用されている排水栓には、鎖やチェーンで繋がれた「ゴム栓式タイプ」や、ポップアップ棒やスイッチを押し込む事で開閉可能な「プッシュ式タイプ」が存在します。

排水トラップ

排水溝の内部には、意図的に水を貯める事(封水)で下水の不快な臭いや害虫、害獣の侵入を防ぐ排水トラップと呼ばれる構造が採用されています。種類には「ワントラップ」と「ドラムトラップ」の2タイプがあり、住居によって設置されているタイプが異なりますが、基本的な役割に違いはありません。排水トラップは排水口とその先に通じる排水管を繋いでおり、トラップ内部はつまりの発生リスクが高い箇所です。

排水管

排水トラップの先には排水管が通っています。排水管はお風呂で使用された排水を下水管へ運び出す役目を担っていますが、排水管内は細く狭いためつまりが発生しやすい箇所でもあるのです。

排水枡

排水管は建物内部や屋外の地下を通っています。万が一、排水管内部でつまりや水漏れが発生した際、対処しやすように設けられた構造物が排水枡です。排水枡は排水管の合流地点である屋外各所に設置されている事が多く、つまりの危険性が高い箇所といわれています。

【つまりの種類別】対処方法

排水溝つまりの原因は「排水トラップの汚れ」と「排水管やその先の不具合」の2種類に大別する事ができます。

つまりの原因を判断するためには【排水トラップ内のパーツをすべて取り外して水を流してみる】事が大切です。

排水トラップ内のパーツを取り外した事で水の流れが正常化したならば、つまりの原因は排水トラップ内の汚れである可能性が高いと考えられます。

対して、排水トラップ内のパーツを取り外しても水が正常に流れない場合には、排水管やその先でつまりが発生しているかもしれません。

以下にそれぞれの状況に適した対処方法をご紹介します。つまりの対処を行う際には、取り外した排水溝内のパーツはそのままにしておきましょう。

排水トラップを外すとつまりが解消される場合の対処法

排水トラップの清掃

排水溝内をつまらせる原因の一つは、排水トラップに溜まった汚れや水垢です。排水トラップ内には排水カバー、ヘアキャッチャー、排水バスケット(ゴミ受け)、椀、排水筒、排水ピースが納まっており(排水トラップの種類により内部パーツは異なる)、それぞれのパーツは独立して取り出す事が可能です。すべてのパーツをスポンジやブラシなどを利用して丁寧に清掃しましょう。

【道具】

  • 市販の洗浄剤、洗浄液
  • スポンジ
  • 歯ブラシ、ブラシ
  • 浴槽排水栓の清掃

洗い場の排水溝と同様に、浴槽側の排水栓にも汚れや水垢が溜まっています。ゴム栓式タイプの場合には、ゴム栓を取り外し、ゴム栓本体や内部の排水コア、排水口内部を清掃しましょう。プッシュタイプ式の場合には、排水栓フタを脱着し、フタ本体や排水口内部を清掃します。

【道具】

  • 市販の洗浄剤、洗浄液
  • スポンジ
  • 歯ブラシ、ブラシ
  • 綿棒など

排水トラップを外してもつまりが解消されない場合の対処法

ラバーカップを使用する

ラバーカップは先端に筒状のゴムカップが取り付けられている清掃用具です。主に固形物などを取り除く際に有効活用できます。

【使用方法】

  1. 排水口を覆うようにラバーカップを被せる
  2. ラバーカップに圧力をかけ、排水口に接着させる
  3. ラバーカップを引き抜く(排水溝内部にある程度水を溜めておくと、吸引力が上昇します)

【道具】

ラバーカップ

真空式パイプクリーナーを使用する

排水管つまりに使用する洗浄器具の一つで、上部のハンドル部分を引き上げる事で汚れや垢を吸引する事ができます。根本的な仕組みはラバーカップと似ていますが、より強力な吸引力を期待する事ができます。

【道具】

真空式パイプクリーナー

【使用方法】

  1. 排水口に真空式パイプクリーナーを被せる
  2. 上部のハンドル部分を押し込み、引き上げる
  3. その都度つまりの有無を確認し、改善されるまで②の作業を反復する

ワイヤーブラシを使用する

金具が内蔵されているワイヤーを排水溝内に差し入れ、先端に付属されている螺旋状のヘッドを利用して汚れや水垢を回収する方法です。ワイヤーの長さや形状は種類豊富であり、排水溝や排水管の奥まで清掃する事が可能です。

【道具】

ワイヤーブラシ

【使用方法】

  1. 排水口からワイヤーブラシを挿入する
  2. 手元のグリップ部分を操作して排水管内の汚れを擦り取る
  3. 水が正常に流れるまで②を繰り返す

排水トラップの有無に関わらずどちらにも有効な対処法

重曹とクエン酸(お酢)を使用する

重曹とクエン酸は排水口周辺や排水溝、排水管の汚れ除去に効果的です。

  • 重曹(弱アルカリ性。水に溶けにくい。料理にも使用される事があり人体に無害。湯垢の除去や悪臭を防ぐ効果がある)
  • クエン酸(酸性。水に溶けやすい。水垢の除去やアンモニア臭などを防ぐ効果がある。お酢で代用可能)

【道具】

  • 重曹(清掃用)
  • クエン酸
  • ゴム手袋

【使用方法】

  1. 重曹を排水口や排水溝内部に振りかける(100g〜200g程度)
  2. 重曹の上からクエン酸を振りかける(50g〜100g程度)重曹とクエン酸の比率は2:1程度
  3. ぬるま湯を250ml〜300ml程度かける
  4. 30分〜60分程度様子を見る
  5. 重曹とクエン酸を汚れや垢ごと洗い流す

・液体パイプクリーナーを使用する

排水溝や排水管内の汚れや水垢を溶かすことのできる液状の薬剤であり、手軽に使用できることからつまり対策に効果的です。成分には「次亜塩素酸ナトリウム」や「水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)」が配合されているものを選択しましょう。

【道具】

  • 液体パイプクリーナー
  • ゴム手袋

【使用方法】

  1. 排水口や排水溝の汚れの上から液体パイプクリーナーをかけ、排水管内にも注ぐ
  2. 十分に流し込んだら、30分〜1時間程度放置して様子を見る(固形物を溶かすことはできません)
  3. 水で液体パイプクリーナーの成分を洗い流す

自己対処が難しいつまりは専門業者へ

つまりの内容次第では自己解決が難しい事例が存在することも事実です。原因やつまり箇所が曖昧な場合には、専門の業者を利用する方法を検討してみましょう。業者に依頼すべきつまりには以下のようなものが考えられます。

排水枡のつまり

住宅内の排水管の合流地点や下水管との境目には、排水を一時的に溜めおくための排水枡と呼ばれる構造物が設置されています。排水枡には排水に含まれる汚れや垢が溜まりやすく、つまりの危険性が高い箇所です。

排水枡は屋外の敷地内部に清掃用の蓋が設けられていますが、前後の管は地中に埋まっています。個人でつまり箇所を特定し、対処することは難しいでしょう。

専門の器具が必要なつまり

個人で用意できる道具のみで解決できないつまりには、専門の業者が使用するトーラー(排水管洗浄機)や高圧洗浄機が必要になります。

排水管の損傷や交換

排水管自体の歪みや勾配の変化、損傷などによるつまりでは、排水管の復旧工事が必要になります。

専門業者の費用相場

専門業者に依頼する際には修理費用が発生します。厳密な価格は個別の業者により異なりますが、参考までにおおよその費用相場を記載します。

       作業内容       費用相場
基本料4,000円〜5,000円程度
簡単なつまり除去8,000円〜10,000円程度
排水管洗浄機使用20,000円〜30,000円程度
高圧洗浄機使用40,000円〜50,000円程度

※別途出張費や追加作業量などが加算される場合があります。詳細は各業者に確認してください。

つまり回避のための予防方法

余計な手間や出費を避けるためにも、日常的なつまり対策を心がけましょう。

定期的な清掃

排水口や排水溝内の清掃は基本です。溜まった汚れやゴミを回収し、内部を清潔に保ちましょう。日常的な清掃には手間のかからない液体パイプクリーナーの使用がおすすめです。

水の流れを確認する

排水溝内につまりが発生した際には、水の流れに変化が生じます。正常時の水の流れを把握し、お風呂使用時に意識的な確認を習慣づけることで、迅速な対処が可能になるでしょう。

ヘアキャッチャーやゴミ受けを設置

予め設置されていない住居であれば、必ず設置しましょう。構造上の都合で設置が難しい場合には、使い捨ての排水口シートがおすすめです。

まとめ

お風呂の排水溝や排水栓のつまりは、内容次第で自己解決が可能です。中には排水溝の清掃のみで状態が改善される事例もあります。上述の内容を参考に、無理のない範囲で取り組んでみましょう。

一通りの対策を講じた結果、つまりが解消されない場合には専門の業者に依頼する方法が良いでしょう。つまりを放置しておくと被害が拡大してしまうかもしれません。排水溝の異変に気がついた際には、迅速な対応を心がけてみてください。