用語集

急速ろ過法

凝集剤と呼ばれる薬品により、原水の濁りなどを取り除いた水を、ろ過池で1㎡当たり1日120~150㎡ろ過する方法です。緩速ろ過法と比べ、汚濁部質の多い水を処理することができること、小さな面積の施設で大量の水を処理することができることなどの利点があります。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
凝集剤

薬品を用いて細かい濁りなどを集め、沈でんしやすい大きさにして処理する方法を凝集沈でん法といい、このとき使用する薬品を凝集剤といいます。主な凝集剤には、硫酸バンド(硫酸アルミニウム)やPAC(ポリ塩化アルミニウム)などがあります。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
クリーンアップ!貯水槽

安全でおいしい水をお客様のもとへ届けるため、安全でおいしい水のプロジェクトの「貯水槽水道対策」として、「貯水槽水道の適正管理の徹底」「直結給水の普及・拡大」をかかげています。平成14年12月の給水条例の改正に伴い、水道事業者も貯水槽水道に関与する事となったことを受け、平成16年9月から、都内約2万件の貯水槽を対象に、点検調査及び直結給水への切替えに関するアドバイス等を行う「クリーンアップ!貯水槽」を実施しています。 この中では、貯水槽水道の管理に問題がなかった場合、設置者に対して「調査済証」を発行するほか、利用者の方にも調査結果をお知らせし、貯水槽水道の適正管理や直結給水への切替えに関する啓発を促しています。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
クリプトスポリジウム

人や家畜の消化管に寄生する原虫類(単細胞の寄生虫)の一種です。クリプトスポリジウムで汚染された食物や飲料水などを口から摂取することで感染します。環境中では、直径5μm程度(μmは1/1000mm)のオーシストと呼ばれる殻の中に入っており、塩素消毒に強いことが知られています。健康状態にもよりますが感染すると、下痢や腹痛、発熱を引き起こします。平成8年に埼玉県の越生町で町営の水道水が原因で大規模な水系感染が引き起こされたことからその対策の重要性が認識されました。当局では、クリプトスポリジウム対策として国の暫定対策指針による「ろ過水濁度0.1度以下での管理」を徹底しています。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
グループ

総括メータ方式、経由メータ方式、水量総計扱い、井水併用扱い及び給湯併用扱いにおいて、親メータの使用水量(料金)をEDP処理により算定するために、親子を関連付けたものです。 (EDP処理……コンピュータによるデータ処理)

トップに戻る 用語集一覧に戻る
原水連絡管

利根川水系の原水と多摩川水系の原水とを融通し、水源状況に応じて効率的に運用するために、朝霞浄水場と東村山浄水場との間を連絡する管路のことです。(延長16,770m)。両浄水場では、原水連絡管によりこの2水系の水を浄水処理することが可能となっています。なお、通常時は利根川水系から多摩川水系ぬい導水しており(順送)、利根川水系の渇水時等は、逆に多摩川水系から利根川に導水しています(逆送)。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
洪水期制限水位(容量)

ダムによる洪水調節の方法の一つとして、洪水期に限り水位を下げ、ダムに空き容量を確保する方式があります。矢木沢ダム以外の利根川系7ダムでは、この方式で洪水調節(洪水期は7月1日から9月30日まで)が行われており、この時期の水位(容量)を洪水期制限水位(容量)といいます。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
高度浄水処理

通常の浄水処理(急速ろ過法)では、十分に対応できない場合に実施する浄水処理法のことです。金町浄水場や三郷浄水場、朝霞浄水場では、沈でん池と急速ろ過池の間にオゾン処理と生物活性炭吸着処理を組み込んだ高度浄水処理を行っています。今後、概ね10年以内に利根川水系の浄水場において、取水量の全量を高度浄水処理できるよう、施設を整備しています。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
相模川分水

相模川の原水を神奈川県及び川崎市から、有償で分水を受けている水源のことです。相模川分水は、東京都、神奈川県及び川崎市との間に締結される協定に基づくもので、この協定は一年ごとに更新が行われています。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
雑用水利用

トイレや洗車用水等、浄水ほど水質の清浄性を求める必要のない用途に使われる水のことです。都では、水の有効利用を推進するため、「水の有効利用促進要網」に基づき、大規模なビルにおける雑用水について、排水を再生して用いる循環利用、建物等に降った雨を貯留槽に貯めて利用する雨水利用、工業用水道の利用等を行うように指導しています。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
シールド工事

シールド機と呼ばれる掘削機でトンネルを構築していく工事のことです。このシールド機は鋼製で筒型をしており、地下をモグラのように掘り進みながら、同時に土の崩壊を防ぐためのセグメントと呼ばれる円形の外壁(鋼製又は鉄筋コンクリート製)を組み立てて進みます。 水道管は、このトンネルの中に配管されます。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
時間積分式漏水発見器

漏水音が継続性をもつという性質を利用して、漏水の有無を確認んする装置です。この装置は、各戸のメータます内の給水管露出部にセンサを取付け、管路の伝播音を測定し、漏水音の有無を自動判別します。本器は、車の通過音などの影響を受けにくいという特徴を持っており、また自動判別のため作業には熟練を要しません。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
シカ被害対策

近年、日本各地でニホンジカによる森林等への被害が報告されていますが、多摩川上流域においても、シカの急増により被害が急激に拡大しています。水道水源林でも、平成16年の春には例年にない大きな被害が確認されています。 シカの食害が進むと、森から土砂が流出し、濁水が小河内ダムや河川に流れ込むなど、水道水の供給に悪影響を及ぼします。多摩川上流では、一部の箇所で、土砂が川に流れ込む被害が発生しています。水道水源林ではこれまでにない大きな被害が確認されました。このため、職員による被害状況調査を実施するとともに、残った苗木を守るため、防鹿柵及び単木ネットを設置しています。また、関係機関と一体となって、被害状況調査やシカ生息状況調査の結果を活かしながら、シカの捕獲や植生の回復を含む、総合的なシカ被害対策を実施します。

トップに戻る 用語集一覧に戻る
浄水場

取水した原水を飲用に適するように処理する施設です。原水水質により浄水方法が異なりますが、河川水を原水とする場合の施設としては、通常、着水井、沈でん池、ろ過池、薬品注入設備、消毒設備、浄水池、排水処理施設、管理室などがあります。

トップに戻る 用語集一覧に戻る